[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ最終戦に重なる17年前の光景 記者が感じた宮里藍の「負けじ魂」に通じる姿

2020年と統合された今季の女子ゴルフ・国内ツアーは、最後まで盛り上がりを見せて終了した。個性あるスター選手が増え、高いレベルで競ってファンをひきつけた。最大の要因は、選手たちが妥協せず、貪欲に練習に取り組んできたことだろう。

賞金ランク1位の稲見萌寧(左)と2位の古江彩佳【写真:Getty Images】
賞金ランク1位の稲見萌寧(左)と2位の古江彩佳【写真:Getty Images】

古江彩佳が夕暮れまで1人で練習…17年前、記者が同じ場所で見た光景は

 2020年と統合された今季の女子ゴルフ・国内ツアーは、最後まで盛り上がりを見せて終了した。個性あるスター選手が増え、高いレベルで競ってファンをひきつけた。最大の要因は、選手たちが妥協せず、貪欲に練習に取り組んできたことだろう。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 28日まで行われた最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップが開催された宮崎CCでも、夕暮れまで1人残って練習する賞金ランキング2位・古江彩佳(富士通)の姿があった。大会翌日には、賞金女王になった稲見萌寧(都築電気)が、オフも毎日練習することを明かした。この2人が他の選手にもたらす影響は計り知れない。現地で取材した記者が、17年前に宮崎CCで見た光景と重ねて解説する。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

 ◇ ◇ ◇

 古江は黙々とパッティングを繰り返した。第1Rを単独首位で終えた後、絶好調だったパットに満足せず、納得するまで腕を動かした。その姿を目にし、私は17年前の同じ場所での光景を思い出した。

 2004年シーズンは、プロ転向1年の宮里藍と不動裕理が賞金女王を争う展開になった。最終戦の第1Rも首位が不動、2位が宮里。ラウンド後、最後まで練習グリーンに残っていたのは宮里だった。「一番強い不動さんより先に帰っていたら、勝てるわけがない」と決めていたからだ。

 競うように練習をする。今の女子プロゴルフ界にある雰囲気は、ここが原点だと感じている。宮里が出現する前は、不動の独走状態だった。不動は「私の仕事はゴルフ。サラリーマンの方と同じように1日8時間ゴルフをするのは当たり前」を信念とし、試合後も長く練習をしていた。

 当時はそのマインドが珍しかったが、宮里は「不動さんに追いつきたい」の一心で、不動よりも長くコースにいることを決めていた。そして、宮里と同学年の横峯さくらは、宮里よりも先にコースを出るものの、夕食後に民間の練習場でボールを打ち続けた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集