[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本代表のラグビーは面白い」 “笑わない男“稲垣が力説、W杯4強への新たな挑戦

日本代表が秋のテストマッチへ向けて活動を再開した。9月29日に宮崎市内に集結したのは代表候補39人と、若手育成枠と位置付けられるナショナル・ディベロップメント・スコッド(NDS)の5人。2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来初の国内でのテストマッチとなるオーストラリア戦(10月23日、大分)、欧州に渡ってのアイルランドらとの3試合に挑む。10月2日に行われたオンライン会見では、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が、不動のリーダーとしてチームを牽引してきたFLリーチ・マイケル(東芝)に代わり、同じFLのピーター・ラブスカフニ(クボタ)を主将に指名。W杯2大会でキャプテンを務めたリーダーを敢えて替えた決断の理由、そして2年後の次回W杯を見据えてチームが秋の代表戦で目指すものは何か。指揮官、選手たちの言葉から、新生ジャパンが目指すものを読み取る。(文=吉田宏)

リーチからラブスカフニへの主将交代を決断したラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ
リーチからラブスカフニへの主将交代を決断したラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ

テストマッチ4試合に向けて再始動、満身創痍のリーチからラブスカフニへ主将交代

 日本代表が秋のテストマッチへ向けて活動を再開した。9月29日に宮崎市内に集結したのは代表候補39人と、若手育成枠と位置付けられるナショナル・ディベロップメント・スコッド(NDS)の5人。2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来初の国内でのテストマッチとなるオーストラリア戦(10月23日、大分)、欧州に渡ってのアイルランドらとの3試合に挑む。10月2日に行われたオンライン会見では、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が、不動のリーダーとしてチームを牽引してきたFLリーチ・マイケル(東芝)に代わり、同じFLのピーター・ラブスカフニ(クボタ)を主将に指名。W杯2大会でキャプテンを務めたリーダーを敢えて替えた決断の理由、そして2年後の次回W杯を見据えてチームが秋の代表戦で目指すものは何か。指揮官、選手たちの言葉から、新生ジャパンが目指すものを読み取る。(文=吉田宏)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 2023年の4強入りというミッションへ、ジェイミー・ジャパンが大きく舵を切った。2014年に主将を任されてから日本代表の先頭に立ち続けたリーチに代わり、指揮官は主将にラブスカフニを任命。CTB中村亮土(サントリー)が副将に選ばれた。2日のオンライン会見で、リーダー変更の理由をこう説明した。

「リーチについては本当にハードに練習をしてくれて、リーダーとしても素晴らしい選手だが、ここでその役目を外れて、しっかりとラグビーに集中できる環境を作ることが、チームにとってもいいことだと考えました。これからも期待しているが、もう若い選手ではない。そして、ラピース(ラブスカフニ)は天性のリーダーです。チームをしっかりリードしてくれるし、安定感もあるので、彼に任せることを決めました」

 歴代代表主将の中でも、リーチが果たしてきた貢献は計り知れない。ニュージーランドから15歳で来日した少年は、生まれ持った繊細さ、相手を思い遣る優しさを、留学先だった札幌のホストファミリーや日本の風土の中でさらに育み、日本人、海外出身選手を問わず誰からも信頼と尊敬を集めるリーダーに成長してきた。ラグビー史上最大の番狂わせと言われた2015年W杯の南アフリカ戦でも、当時のエディー・ジョーンズHCからの同点PG狙いの指示を拒んで、トライを奪いに行った決断力は語り草だ。日本の伝統文化や価値観を代表ミーティングで紹介することで、多国籍からモザイクチームと呼ばれた日本代表を、スローガン通り「ワンチーム」にまとめ上げた。その結晶が、日本中が見守る中で日本代表を世界のトップ8に導いた2019年W杯だった。

 日本に留まらず世界のラグビー界で尊敬され、一目置かれたリーダーとなったリーチだが、それでも敢えて主将を替えたのは年を追うごとに増える故障と、チームの世代交代が理由だ。2019年大会開幕前にも股関節の故障に苦しむなど、10月7日で33歳となったリーチの体には長年最前線でチームを牽引してきたことによる“勤続疲労”が起きている。新主将のラブスカフニも32歳と前主将と同世代だが、W杯後にリーチが受けた手術は6度を数え、宮崎合宿に参加する前にも所属チームで足の痛みなどを訴えるなど、怪我や不調を抱えながらのプレーが続いている。満身創痍のリーダーを、ラグビーに専念させたいという指導陣の思いが大きな決断を促した。

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集