[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

One Rugbyで再確認したラグビーの魅力 廣瀬俊朗が自治体とのタッグで感じた手応え

昨年2月に産声を上げたNPO法人「One Rugby」。一般に「ラグビー」と呼ばれる15人制に限らず、7人制、10人制、車いす、デフ、ブランド、タッチ、ビーチ、タグフットボール、ラグビーリーグなど、様々な種類の「ラグビー」が連携し、互いの魅力を伝えながら「ラグビー」を盛り上げていこう、という目的を持つ。

「One Rugby」と枚方市によるコラボ、「枚方ラグビーカーニバル」が昨年12月に開催された【写真提供:NPO法人One Rugby】
「One Rugby」と枚方市によるコラボ、「枚方ラグビーカーニバル」が昨年12月に開催された【写真提供:NPO法人One Rugby】

「One Rugby」代表理事の廣瀬俊朗さんが語る「枚方ラグビーカーニバル」での手応え

 昨年2月に産声を上げたNPO法人「One Rugby」。一般に「ラグビー」と呼ばれる15人制に限らず、7人制、10人制、車いす、デフ、ブランド、タッチ、ビーチ、タグフットボール、ラグビーリーグなど、様々な種類の「ラグビー」が連携し、互いの魅力を伝えながら「ラグビー」を盛り上げていこう、という目的を持つ。

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 代表理事を務める元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんを中心にスタートした「One Rugby」は、あいにくのコロナ禍で活動が制限される中でも、オンライン上でミーティングを重ね、具体的な活動を模索。オンライントークイベントを開催しながら発信を続けてきた。

 広く「ラグビー」は、性別、人種、国籍、体格、年齢などの違いがあっても、自分に合った種類を選び、個性を生かしながら楽しめるスポーツだ。互いが互いを認め合うダイバーシティ(多様性)が重要視される今こそ、社会に提供できる価値は多い。

 ラグビーが持つ価値に早くから注目してきたのが、大阪府枚方(ひらかた)市だ。1997年から毎年「枚方ラグビーカーニバル」を開催し、ラグビーを通じて街の盛り上がりを生み出してきた。

 そんなラグビーへの熱い思いを共にする「One Rugby」と枚方市によるコラボが、昨年12月6日に実現。枚方市立総合スポーツセンター陸上競技場で2020年版「枚方ラグビーカーニバル」が開催された。

 新型コロナウイルス感染症対策を十分に取ったイベントは、抽選に当選した約300人の観覧者が集まった。「One Rugby」からは廣瀬さんのほか、元ラグビー日本代表主将の菊谷崇さん、元車いすラグビー日本代表の三阪洋行さん、デフラグビー日本代表の大塚貴之選手が参加。伏見隆・枚方市長も加わったトークセッションは、ラグビーを愛する人に共通する気さくな人柄も手伝い、大いに盛り上がった。

 また、枚方ラグビースクールと交野ラグビースクールによる小学生の招待試合、常翔啓光学園と関西創価高による高校生の招待試合を実施。試合の模様はオンラインでも配信され、来場できなかった家族も遠隔で楽しむことができた。その他、高校生ラガーマンたちがタグフットボール、ビーチラグビー、タッチラグビーを体験したり、車いすラグビーの競技用車いすに試乗してみたり、「One Rugby」陣との深い交流を図ったイベントは大成功に終わった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集