[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新谷仁美は己に厳しすぎる “超結果主義者”の背景にある「自分は商品」という思考

自分を追い詰め過ぎではないか。見ている側も苦しくなりそうな言葉の数々だった。女子1万メートルで東京五輪代表に内定した新谷仁美(積水化学)。4日の日本選手権では、日本記録を18年ぶりに更新する30分20秒44で7年ぶり2度目の優勝を飾った。圧倒的な走りを見せつけたが、“超結果主義者”の根底には「自分は商品」という考え方があった。

4日の日本選手権、スタート直前に不安そうな様子を見せた新谷仁美【写真:奥井隆史】
4日の日本選手権、スタート直前に不安そうな様子を見せた新谷仁美【写真:奥井隆史】

垣間見えた新谷仁美の“アスリート論”「力を見せないと存在価値はない」

 自分を追い詰め過ぎではないか。見ている側も苦しくなりそうな言葉の数々だった。女子1万メートルで東京五輪代表に内定した新谷仁美(積水化学)。4日の日本選手権では、日本記録を18年ぶりに更新する30分20秒44で7年ぶり2度目の優勝を飾った。圧倒的な走りを見せつけたが、“超結果主義者”の根底には「自分は商品」という考え方があった。

【特集】世界選手権14度出場の“レジェンド”が繋ぐアイスホッケーとスポーツの魅力 / アイスホッケー・鈴木貴人さんインタビュー(GROWINGへ)

 歴史的快走から一夜、喜びに浸っている空気ではなかった。五輪内定を祝し、本番への抱負を語るはずの5日の会見。新谷は言葉の端々に自分への厳しさ、求めるものの高さを滲ませた。

「過去の自分を超えられたか、超えられていないかでいうと、結果は超えていない。私の過去一番の成績は、2013年世界陸上モスクワ大会の1万メートル5位。結果はそこが一番のもの。同じような舞台のスタートラインに立って、それ以上の結果を出さないと超えたことにならない。昨日はあくまでもタイムのみしかクリアできていない。結果としては過去の自分を超えられていないのが現状です」

 13年世界陸上は自己ベスト更新で5位入賞。翌年1月に故障や健康上の理由で引退した。会社員を経て18年6月のレースで現役復帰した。「常々言っていますが、結果へのこだわりは強いものがある。復帰した時に1万メートルの日本記録を更新しないと世界で戦えないと思っていた」。やるからには過去最高が目標。それだけに国内大会で従来の日本記録を28秒45も上回っても、手放しで喜べなかった。

 そんな結果主義者・新谷のキャラクターがよく表れていた3日間だった。

 大会前日から語気は強い。「結果を出せなかったでは済まされない」「どんな大会でもミスは一切許されない」。自ら立てた目標には徹底的に厳しく向かい合う。しかし、その一方で「レース前はいつも不安。今は恐怖でいっぱい」「結果にこだわってしまう。一切ミスをしないと掲げているので、年齢を重ねるごとに恐怖が増している」と弱気が共存。スタート前は重圧から涙することもある。今大会もレース直前の顔はこわばっていた。

 歯に衣着せぬ発言が話題になるが「間違ったことは言っていない」と批判を恐れない。女性アスリートの生理の実情や、東京五輪開催実現に向けたメッセージなどを積極的に発信。5日の会見でも、新型コロナウイルスのワクチン接種に関して「正直、受けたくない。体調管理は私たちアスリートは結果と同じくらい大事。薬を打つことで副作用がないことはないと思う。あくまでも個人的意見ですが、私は受けたくありません」と言い切った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集