[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大学駅伝の「生命線」は新入生スカウト 名門に対抗、帝京大が狙う有望な選手とは

毎年1月2日と3日に行われる正月の風物詩、箱根駅伝の開催が近づいている。今年度の大学駅伝は例年以上に混戦模様。各校はいかにして“戦国時代”を生き抜くのか――。「THE ANSWER」では、強豪校に挑む「ダークホース校」の監督に注目。前回の箱根駅伝で総合8位、帝京大学を率いる中野孝行監督に、伝統校ではないからこそのスカウティングの難しさや、高校生ランナーを見る際に重視する点などについて聞いた。(取材・文=佐藤 俊)

帝京大学・中野孝行監督が語るスカウティングの重要性【写真:志賀由佳】
帝京大学・中野孝行監督が語るスカウティングの重要性【写真:志賀由佳】

箱根駅伝「ダークホース校の指導論」、帝京大学・中野孝行監督が語るスカウティングの重要性

 毎年1月2日と3日に行われる正月の風物詩、箱根駅伝の開催が近づいている。今年度の大学駅伝は例年以上に混戦模様。各校はいかにして“戦国時代”を生き抜くのか――。「THE ANSWER」では、強豪校に挑む「ダークホース校」の監督に注目。前回の箱根駅伝で総合8位、帝京大学を率いる中野孝行監督に、伝統校ではないからこそのスカウティングの難しさや、高校生ランナーを見る際に重視する点などについて聞いた。(取材・文=佐藤 俊)

   ◇   ◇   ◇

 大学のチームは、4年間で大きく変わる。その間、常に強いチームを維持するためには、強豪校ならではの練習やルール、ムードが必要になるが、一番大事なのはスカウティングだろう。良い選手が入ってきて、全体の力を引き上げていくことでチームの出力は高まり、総力がついてくる。

 帝京大学の中野孝行監督も「そこが生命線」と語る。

――スカウティングでは、高校生の何を重視しますか?

「当然ですが、タイムがいい選手。その基準が一番分かりやすい。でも、私が個人的にいいなぁって思うのは、飢えている選手ですね。もっと走りたいけどやれない、そういう環境がない、指導者がいないとか……アシストしてあげれば大きく飛躍しそうな選手を獲得しています。そういう選手の場合は、どちらかというと一匹狼的な感じが多いですね。あとは、何か事情があって、自分自身を100%出せていない選手。なぜ、そういう選手を獲得するのかというと、私自身がそういう選手だったからです」

 中野監督は白糠高校時代、2、3年は指導者がいないなか、1人で練習をしていた。その時、全道高校駅伝に出場できず、悔しい思いをした。もっと走りたいのに競技場もなく、アスファルトの上を走っていた。そういう環境での陸上生活が中野監督の飢えを生み、陸上に対して貪欲になっていった。だから、飢えは決してマイナスにならないという。

――中野監督が帝京大に来た16年前と今とでは、高校生の気質はかなり変わりましたか。

「だいぶ変わりましたね。今の時代は、インターネットでいろんな情報が簡単に手に入るようになった。練習内容や取り組み方とかいろんなものを見ているけど、実際、それを取り入れて何かをやっているのかというと、そういう感じでもない。情報過多になっていて、高校生はまだ取捨選択できていないんじゃないかなと思いますね」

――今の高校生が大学に求めているものは、どういうものなのでしょうか。

「今は、どうしたら強くなれるか、ですね。上級生や競技環境、練習内容、寮の雰囲気とか、最近は事前に練習に参加して体験する子が増えました。ただ、入学すれば誰でも強くなれるわけではありません。そのためには、自分のゴールの視点をどこに設定しているかが重要だと思います。苦労せずに強くなれたらいいけど、私は苦労しないと勝てないと思っています。そこで強くなれるかどうかの差は、苦労を苦労とせず、当然のことだと捉えられるかどうかでしょう。苦労は避ける道でも回り道でもない。強くなるには必要なことだと捉えられるかがすごく大事ですね」

1 2

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集