[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キッズ年代にエリート教育は必要か ドイツ人指導者が訴える「結果より体験」の大切さ

友人指導者が嘆いていた。

日本とドイツのキッズ世代の育成の違いとは?【写真:Getty Images】
日本とドイツのキッズ世代の育成の違いとは?【写真:Getty Images】

【ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」】「エリート」という枠組みにおける選考の難しさ

 友人指導者が嘆いていた。

 日本では全国的にサッカーのキッズ年代エリートプログラムという活動が行われているが、とある地域の活動日での話だ。それぞれ各地区から選抜された子供たちを対象にしたトレーニングということらしいが、集まってきた子供たちは味方同士でなかなかプレーにつながりを持つことができない。

 一つ一つの技術やフィジカル能力を分けて見てみると、確かに優れたところを感じさせる。ドリブルやキック、身のこなしなどはみんな悪くない。でも子供たち同士で上手くいかないプレーについて話し合うこともなければ、どうすればそれぞれの状況でもっと上手くプレーできるかを自分で考えてやろうという風にも見えない。中には平気で、友だちが傷ついてしまうような言葉を言ってしまう子もいたという。

 ふむ、これがキッズ年代のエリートを集めたプログラム?

 じゃあ、エリートってなんだろう?

 足下の技術が上手い選手? 身体能力の高い選手? 戦術理解が深い選手?

 日本サッカー協会のキッズ年代エリートプログラム要綱には、「真の意味のエリートとは、社会の各分野でのリーダーであり、特権階級ではなく、本来むしろ戦場で先頭に立って闘いに行く存在です。その者達には常に重大な社会的義務が伴います。能力の高い者は良い環境と指導を与えられ、社会に対する責任を果たす存在となるということです」との記載がある。

 では、そのために求められる能力というのはなんだろうか。

 要綱に記載されているように「エリート」とは「偉い人」とか「凄い人」ではなく、常に手本となる行動を取ることができ、人の弱さを守ることができ、人の前に立って体を張ることができ、苦しい時にポジティブな雰囲気を作り出すことができる人を指し示すのではないだろうか。

 もしそうなのであれば、様々な誤解を招きかねないことを承知で、あえてキッズエリートという言葉をつけるのであるならば、選考に際して正しい評価がされなければならないだろうし、サッカーというスポーツを本質から理解し、エリートという言葉の重み、意味を正しく解釈できる指導者育成が行われていかなればならない。

1 2 3

中野 吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集