[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エディーHCが思う日本の部活 20年変わらない疑問と「言われた事をよく聞く日本人」

日本の部活動の在り方を考える「THE ANSWER」の連載「ニッポン部活考論」。今回はラグビーの前日本代表ヘッドコーチ(HC)で、現イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏が登場する。

ラグビーの前日本代表ヘッドコーチ(HC)で、現イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏【写真:松橋晶子】
ラグビーの前日本代表ヘッドコーチ(HC)で、現イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏【写真:松橋晶子】

連載「ニッポン部活考論」―日本を熟知する世界的名将が見た日本のスポーツ指導

 日本の部活動の在り方を考える「THE ANSWER」の連載「ニッポン部活考論」。今回はラグビーの前日本代表ヘッドコーチ(HC)で、現イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏が登場する。

 南アフリカ代表のテクニカルアドバイザーとしてワールドカップ(W杯)を制した世界的名将は、かつて母国オーストラリアで高校教師を務め、日本では大学で指導経験もある。日本人の夫人を持ち、文化に理解が深い名指導者には長年、見守ってきた日本のスポーツ指導の現場をどう見ているのか。独占インタビューで語った。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉 / ラグビー エディ・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

「もし、ラグビーと出会っていなかったら、どんな人生を歩んでいたのか」

 そんな問いをジョーンズ氏にぶつけてみると「高校の教師になっていただろうね」と即答した。それほど、ラグビー界の世界的名将にとって子供を指導し、成長させることに興味、関心は強い。実際、社会人としてのキャリアのスタートも母国・豪州での高校教師だった。

 そして、1995年に東海大を指導するために来日し、翌年から東海大コーチ、日本代表フォワードコーチに就任。ラグビー指導者としての人生を歩み始めた。その後のトップリーグ、代表HC時代を含め、長年に渡り見てきた日本の育成年代のスポーツ指導現場は、どう映っているのか。

「変わっていないと思う。それは今、見てもだ。日本で指導をしていた頃から、代表監督として20年後に戻ってきた形になるが、高校、大学の指導の仕方は全く変わっていなかった。上から『私が監督だから言う通りにやれ』というスタイル。時にはそう言わなければいけない時もあるが、そこが変わらないといけないと感じている」

 97年に日本を離れ、各国で指導を歴任。W杯の経験を経て、12年に日本代表監督に就任した。その間、日本の“トップダウンスタイル”の指導は変化していないと感じ、疑問を呈した。なぜ、上意下達の指導には問題があるのか。弊害は、選手の主体性を奪う可能性にあると指摘する。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー