[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織&大坂、W4強入りの快挙を海外続々速報 「ケイとナオミが日本の歴史を作った」

テニスの全米オープンは5日(日本時間6日)シングルス準々決勝が行われ、男子では世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が同7位のマリン・チリッチ(クロアチア)に2-6、6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。女子も同19位の大坂なおみ(日清食品)が同36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6-1、6-1で破った。日本テニス史上初となるグランドスラムでのアベック4強の偉業を海外メディアも続々速報。称賛を送っている。

日本テニス史上初となるグランドスラムでのアベック4強を達成した錦織圭と大坂なおみ【写真:田口有史】
日本テニス史上初となるグランドスラムでのアベック4強を達成した錦織圭と大坂なおみ【写真:田口有史】

男女両エースの快進撃を海外メディアも続々速報

 テニスの全米オープンは5日(日本時間6日)シングルス準々決勝が行われ、男子では世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が同7位のマリン・チリッチ(クロアチア)に2-6、6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。女子も同19位の大坂なおみ(日清食品)が同36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6-1、6-1で破った。日本テニス史上初となるグランドスラムでのアベック4強を海外メディアも続々速報。称賛を送っている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」は「ニシコリはオオサカに続く全米オープン準決勝進出で祝祭を完成させる」と特集した。

「ケイ・ニシコリとナオミ・オオサカは全米オープン4強進出で日本の歴史を作った。グランドスラム史上、準決勝同時進出は日本テニス史上初。彼らは1995年のウィンブルドンでシュウゾウ・マツオカとキミコ・ダテの記録を塗り替えた」

 記事では1995年のウインブルドンで共に8強入りの松岡修造氏、伊達公子氏を超えて、歴史に名を残した2人の偉業を称賛している。

 米地元紙「USAトゥデー」は「全米オープンのヒストリー 2人の日本人選手、ナオミ・オオサカとケイ・ニシコリが準決勝に」と速報。4時間8分の熱戦を制した錦織が「僕たちが準決勝にいることは素晴らしいニュース」と語ったことも伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集