[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、2試合連続の豪快弾はゴジラ超えの17号弾! 1年目最多の城島にあと1本迫る

大谷翔平、2試合連続の豪快弾はゴジラ超えの17号弾! 1年目最多の城島にあと1本迫る

エンゼルス大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で2試合連続となる17号ソロを放ち、松井秀喜(ヤンキース)の1年目の16本を上回り、2006年の城島健司(マリナーズ)の18本にあと1本に迫った。

松井秀喜超えの17号ソロを放ったエンゼルス・大谷【写真:Getty Images】
松井秀喜超えの17号ソロを放ったエンゼルス・大谷【写真:Getty Images】

5回に初対戦右腕の初球を完璧にはじき返す

 エンゼルス大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で2試合連続となる17号ソロを放ち、松井秀喜(ヤンキース)の1年目の16本を上回り、2006年の城島健司(マリナーズ)の18本にあと1本に迫った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大谷が連夜の一撃だ。5点をリードした5回無死。初対戦の右腕・ビベンズダークスの初球90.3マイル(約145キロ)の内よりのファストボールを完璧に捉えると、高々と舞い上がった打球は右翼席に飛び込む17号ソロとなった。これで2試合連続の一発。試合前には右肘に新たな損傷が見つかり、投手としての先行きには暗雲が立ち込めていたが、打者としてそれを払しょくするような豪快弾だった。

 これで17本として、前日(4日)に並んでいた松井を抜き、日本人野手のMLB1年目では城島に次ぐ単独2位に。あと1本で日本人トップに並ぶ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー