[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

インカレ連覇した関東No.1ロングジャンパー 橋岡優輝を遠目で眺めた乙津美月が6m01で記した成長の印

9日から4日間、行われた陸上の第103回関東学生競技対校選手権(関東インカレ)。2年ぶりに国立競技場で開催された熱戦を取材した「THE ANSWER」は文武両道で部活に励む選手や、怪我や困難を乗り越えた選手など、さまざまなストーリーを持つ学生を取り上げる。今回は女子1部・走り幅跳びの日女体大・乙津美月(3年)。決勝で6メートル01(向かい風0.8メートル)を記録し、連覇を達成した。東京五輪6位入賞の橋岡優輝と同じ八王子学園八王子高出身。世界を知る先輩を「遠くから見ていた」という高校時代から記録を20センチ伸ばした。関東No.1のロングジャンパーは更なる成長で日本一を目指す。(取材・文=THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂)

女子1部・走り幅跳びで連覇を達成した日女体大・乙津美月【写真:中戸川知世】
女子1部・走り幅跳びで連覇を達成した日女体大・乙津美月【写真:中戸川知世】

陸上・関東インカレで輝いた選手たち 女子1部・走り幅跳び/日女体大・乙津美月(3年)

 9日から4日間、行われた陸上の第103回関東学生競技対校選手権(関東インカレ)。2年ぶりに国立競技場で開催された熱戦を取材した「THE ANSWER」は文武両道で部活に励む選手や、怪我や困難を乗り越えた選手など、さまざまなストーリーを持つ学生を取り上げる。今回は女子1部・走り幅跳びの日女体大・乙津美月(3年)。決勝で6メートル01(向かい風0.8メートル)を記録し、連覇を達成した。東京五輪6位入賞の橋岡優輝と同じ八王子学園八王子高出身。世界を知る先輩を「遠くから見ていた」という高校時代から記録を20センチ伸ばした。関東No.1のロングジャンパーは更なる成長で日本一を目指す。(取材・文=THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂)

 ◇ ◇ ◇

 3本目を終え、2位と1センチ差の緊迫する展開。声援を一身に受けた1位の乙津は、4回目に6メートル01をマークし、2本目から記録をさらに2センチ伸ばした。

 スタンドで声援を送る仲間に笑顔でガッツポーズ。最終結果も2位と1センチ差。接戦を制した連覇達成に「記録的には悔しいけど、優勝できて安心した」と笑顔を見せた。

 東京五輪で6位入賞した橋岡の母校・八王子学園八王子高校(東京)の出身。同じ渡辺大輔監督に指導を受けた。高校時代、憧れの先輩と対面した際に「頑張ってね」と声をかけられたことがある。

ダイナミックに跳躍する乙津、高校時代から自己ベストは20センチ伸びた【写真:中戸川知世】
ダイナミックに跳躍する乙津、高校時代から自己ベストは20センチ伸びた【写真:中戸川知世】

「橋岡選手はレベルが高すぎて遠くから『すごいな~』と見ていました」と振り返るが、自身も大学で着実に成長している。

 高校までの自己ベストは6メートル02。大学進学後に20センチ伸ばし、6メートル台も安定して跳べるようになった。「パワーがついたことで踏切が改善できて、助走の強さも出てきた」。大学で始めたウエイトトレーニングが成長を後押しした。自己ベストに届かなくても6メートルを超えて達成した連覇は、成長の印だ。

 王者として迎える大会前は「1週間前くらいから緊張していた」というが、僅差の展開でも「緊張をやる気に変えて挑めた」と胸を張る。

 次なる目標は9月に行われる日本学生競技対校選手権(全日本インカレ)での優勝。「1本目から6メートルを跳んで、6メートル50くらいを目指したい」。関東連覇の自信を胸に、日本一を掴む。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集