[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上部のない中学で全国1位に たった1人で農道を駆けた離島ランナー、順大・川原琉人が夢見る箱根の山

9日から4日間、行われた陸上の第103回関東学生競技対校選手権(関東インカレ)。2年ぶりに国立競技場で開催された熱戦を取材した「THE ANSWER」は文武両道で部活に励む選手や、怪我や困難を乗り越えた選手など、さまざまなストーリーを持つ学生を取り上げる。今回は男子1部・5000メートルに出場した順大・川原琉人(1年)。長崎の五島列島・福江島出身、中学時代は陸上部のない学校で3000メートル全国1位になった離島ランナーは、1年生ながら、40人で争われた決勝で留学生ランナーら箱根駅伝経験者の先輩たちを従えて果敢に逃げを打った。14分18秒09の29位だったが、箱根駅伝の5区山上りで活躍を夢見る。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

スタートから飛び出し、憧れの国立競技場で先頭を走る順大・川原琉人【写真:中戸川知世】
スタートから飛び出し、憧れの国立競技場で先頭を走る順大・川原琉人【写真:中戸川知世】

陸上・関東インカレで輝いた選手たち 男子1部・5000メートル/順大・川原琉人(1年)

 9日から4日間、行われた陸上の第103回関東学生競技対校選手権(関東インカレ)。2年ぶりに国立競技場で開催された熱戦を取材した「THE ANSWER」は文武両道で部活に励む選手や、怪我や困難を乗り越えた選手など、さまざまなストーリーを持つ学生を取り上げる。今回は男子1部・5000メートルに出場した順大・川原琉人(1年)。長崎の五島列島・福江島出身、中学時代は陸上部のない学校で3000メートル全国1位になった離島ランナーは、1年生ながら、40人で争われた決勝で留学生ランナーら箱根駅伝経験者の先輩たちを従えて果敢に逃げを打った。14分18秒09の29位だったが、箱根駅伝の5区山上りで活躍を夢見る。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 人口3万人の離島。陸上部のない中学、1人で練習した高校から巣立った大学1年生が、国立競技場の風を切った。

 レース前、先輩に「1年生なんだから、暴れてこい」と背中を押され、川原は腹を決めた。「ガツンと行く」。留学生ランナーや箱根駅伝経験者らがズラリと揃う中、号砲とともに飛び出した。39人を引き連れて先頭に立ち、ペースを作る。会場の視線を那須紺のユニホームに集めた。

39人のランナーを従え、堂々と風を切る川原【写真:中戸川知世】
39人のランナーを従え、堂々と風を切る川原【写真:中戸川知世】

 1000メートル付近で先頭を譲った。以降は集団に飲み込まれたが、必死に食い下がって力走した。結果は14分18秒09の29位。それでも、倒れ込んだゴール後に起き上がると「普段用も含めて4つ持っている」というメガネの奥の目は笑っていた。

「自分なりにできる限りのことをした。監督には『国立を楽しめ』と言われ、楽しめた。(引っ張ったのは)最初の1キロくらいで手応えはあまり感じていないけど、少し暴れるという意味ではちょっと自分なりのレースができたし、レース自体を動かすことができたのかな」

 晴れやかな表情が春の日差しに照らされ、汗が光った。

 仲間に檄を飛ばされ、「やる」と決めて逃げる勇気は立派。堂々の関東インカレデビューだったが、高校時代はアドバイスをくれる先輩もいない環境だった。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集