[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アストロズ右腕が退場、不正な粘着物質使用か グラブ没収、米記者「10試合の出場停止」指摘

米大リーグ・アストロズのロネル・ブランコ投手が14日(日本時間15日)、アスレチックス戦で退場処分を受けた。先発登板していたが、試合中にグラブを確認されたあと、ゲームから退いた。

アスレチックス戦先発したアストロズのロネル・ブランコ投手【写真:ロイター】
アスレチックス戦先発したアストロズのロネル・ブランコ投手【写真:ロイター】

アスレチックス戦に先発のブランコ

 米大リーグ・アストロズのロネル・ブランコ投手が14日(日本時間15日)、アスレチックス戦で退場処分を受けた。先発登板していたが、試合中にグラブを確認されたあと、ゲームから退いた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 4回の投球前、マウンド付近に審判団が集まり、ブランコのグラブを確認。場内は騒然となった。粘着物質が確認されたのか、ブランコは首を振りながらベンチへと退いた。エスパーダ監督が抗議するも実らず、2番手スコットが登板した。

 米ヒューストンのラジオ局「SportsTalk 790」の司会者アダム・ウェクスラー氏は「4回表、アストロズのブランコが審判にグラブのチェックを受けた。そして他の審判も呼び、ブランコを退場させた」と自身のXで説明。「グラブの内側の何かが“粘着性”がありすぎると思われる」とも推測し、こういったケースでは「大抵は、出場停止処分となる」とも指摘した。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のアストロズ番チャンドラー・ローム記者もXで「審判らはロネル・ブランコのグラブを没収し、ロッカールームへ持ち込んだ。ブランコには10試合の出場停止処分が科せられる」と指摘した。

 ブランコは4月のブルージェイズ戦ではノーヒットノーランを達成していた右腕。試合前まで今季7試合に登板して4勝0敗、防御率2.23の好成績を残していた。米大リーグでは2021年から不正投球の取り締まり強化のため、イニング間などに審判が投手のグラブなどをチェックしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集