[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

この夏に懸ける高校生へ バドミントン松友美佐紀が伝えた「覚悟」という言葉の意味

7月14日、リオ五輪女子バドミントンペア金メダリストの松友美佐紀さんが、ポカリスエット「エールキャラバン2022」の講師として登場。インターハイ出場を控える高校生に向けて、講義を行った。

ポカリスエット「エールキャラバン2022」の講師として登場した松友美佐紀さん【写真:中戸川知世】
ポカリスエット「エールキャラバン2022」の講師として登場した松友美佐紀さん【写真:中戸川知世】

ポカリスエット「エールキャラバン2022」で徳島・城東高バドミントン部に講義

 7月14日、リオ五輪女子バドミントンペア金メダリストの松友美佐紀さんが、ポカリスエット「エールキャラバン2022」の講師として登場。インターハイ出場を控える高校生に向けて、講義を行った。

「エールキャラバン2022」は大塚製薬が2014年から展開し、インターハイ出場を決めた高校生に向けて実施。地元出身のアスリートによる特別授業、そして部活指導を行い、部活指導では高校生と一緒に体を動かし、実践的にレクチャーをする。

 今回授業を受けたのは、松友さんの地元・徳島の城東女子バトミントン部の15人。城東は今年、県総体で団体優勝、個人戦シングルス、ダブルスともに1~3位を独占。四国選手権でもダブルスで優勝を決めるなど、四国を代表する強豪校だ。

 今回の特別授業はオンラインで実施。モニターに松友さんが現れると、部員たちは緊張の面持ちで話に聞き入った。

 授業は松友さんの高校時代の話からスタート。松友さんは徳島県から全国でも有数のバドミントンの強豪校、聖ウルスラ学院英智(宮城)に進学。当時を振り返り、「他の誰にも負けたくない気持ちがとても強かった。インターハイ優勝も目標の一つでしたが、毎日、自分がうまく強くなることを一番の目標にしていました」と話した。

 そして高いモチベーションを持って試合に臨み、勝ち抜くために必要なことを問われ、「やっぱり、とにかく練習をすること」と熱を込めて語った。

「うまくいかないとき、勝てないときなど、逃げ出したくなることは誰にもたくさんあると思います。でも、大切なのは試合中に泣きそうになったり、心が折れそうになったりという場面で、踏ん張れるか、踏ん張れないかです。

 頑張ったからといって、必ずうまくいくわけではありませんが、何もしなければうまくいくことは絶対にありません。練習でやってきたことしか試合ではできない。ですから、試合本番までにどれだけ1日1日を積み重ねていけるが一番大切です。

 あとは自分のやってきたことを信じ、試合で全力を出し切るだけ。私はそういう気持ちで、毎日を過ごしています」

 続いては部員たちへのインタビュー。今年は、四国で行われるインターハイとあって、「今まで支えてくださった全ての人に感謝が伝わるようなプレーができるよう取り組んでいます」(笹尾さくらさん=3年)「社会人やOB、OGの方々に ヒッティングパートナーになってもらい、熱心なアドバイスをいただきました。緊張するとは思いますが、最後まで絶対に諦めずに勝ちにこだわりたい」(金澤志歩さん=1年)など、地元開催を控え、それぞれが想いを語った。

「地元開催では、身近な人にたくさん試合を観てもらえます。最後まで諦めないことが一番の恩返し」と、高校生の言葉に熱心に耳を傾けていた松友さん。「緊張ってたくさんの練習を積み上げるほどします。つまり、緊張感はインターハイに向けて頑張ってきた証。だからこそ、自分がやってきたことに自信を持って、緊張をどんどん乗り越えていかなきゃいけない。頑張ってください!」とエールを送った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集