[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子中距離でまた転倒→救済 最下位に失意の海外選手が一転歓喜「これはドラマ?」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が21日(日本時間22日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第7日が行われた。女子800メートル予選では、ゴール前にオーストラリアの選手が接触により転倒。うつ伏せのまましばらく動けず、呆然とした様子だった。ただ、救済処置が取られ準決勝進出に。「気分が良いです!」と喜んだ。

世界陸上女子800m予選、転倒後にゴールを目指すカトリオナ・ビセット【写真:ロイター】
世界陸上女子800m予選、転倒後にゴールを目指すカトリオナ・ビセット【写真:ロイター】

女子800メートル、転倒したオーストラリア選手が準決へ

 オレゴン世界陸上が21日(日本時間22日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第7日が行われた。女子800メートル予選では、ゴール前にオーストラリアの選手が接触により転倒。うつ伏せのまましばらく動けず、呆然とした様子だった。ただ、救済処置が取られ準決勝進出に。「気分が良いです!」と喜んだ。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 接触、転倒が付き物で「トラックの格闘技」とも言われる800メートル。この日の第2組では、最後のコーナーで先頭争いをしていたカトリオナ・ビセット(オーストラリア)が前のめりに転倒。うつ伏せになり、しばらく動けなかった。呆然とした様子で、他の選手がフィニッシュするころにようやく走り出した。

 ガッカリした様子で他の選手に慰められていたビセットだが、準決勝進出を果たした模様だ。世界陸連(WA)公式ツイッターによると、ビセットと巻き込まれたエレナ・ベロ(イタリア)が救済された。オーストラリア紙「ジ・エイジ」も「ビセットは押し出されて倒れてしまったが、審判員の判断により準決勝に進出する」「アニタ・ホルバット(スロベニア)の手に当たってしまった。ホルバットの走路だったので、手が当たってしまったことは仕方がない」と伝えている。

 失意の様子だったビセットは一転、インスタグラムに「これはドラマ? 11位だけど、アピールしたら準決勝進出となりました! 気分が良いです!」と喜びを記した。「ジェットコースターだね!」「私も嬉しい」「最高のニュース」「よくやった」とコメント欄には海外ファンからコメントが集まった。

 今大会は16日(同17日)の女子1500メートル準決勝2組でもウィニー・ナニョンド(ウガンダ)が転倒。途中棄権となって号泣していたが、救済措置で決勝進出していた。その煽りを受けていた田中希実(豊田自動織機)も7着から6着に繰り上がったが、救済はされなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集