[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界陸上のコロナ総陽性者数は「49人」 日本は17人公表、大会側「選手はごくわずか」

米国で開催中のオレゴン世界陸上において、参加者の新型コロナウイルス総陽性者数は、21日時点で49人であることが明らかとなった。日本選手団はここまで17人(選手6人、役員・指導者11人)を公表。大会サイドは「選手はごくわずか」と明かした。

世界陸上において、参加者の新型コロナウイルス総陽性者数は、21日時点で49人であることが明らかとなった【写真:浜田洋平】
世界陸上において、参加者の新型コロナウイルス総陽性者数は、21日時点で49人であることが明らかとなった【写真:浜田洋平】

オレゴン世界陸上

 米国で開催中のオレゴン世界陸上において、参加者の新型コロナウイルス総陽性者数は、21日時点で49人であることが明らかとなった。日本選手団はここまで17人(選手6人、役員・指導者11人)を公表。大会サイドは「選手はごくわずか」と明かした。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 今大会の日本選手団では、男子マラソンの鈴木健吾、女子マラソンの一山麻緒と新谷仁美、男子200メートルの小池祐貴らが陽性に。4人は隔離され、大会を欠場した。この日、THE ANSWERが大会側に問い合わせたところ、責任者は「大会期間中の陽性反応者は49人です。これはメディア、チーム関係者、大会関係者、ボランティアなども含まれた数字です」と現地時間21日の午後7時30分過ぎに回答があった。

 内訳については、「選手の感染者はほとんどいません」としつつ、「ただ、大会序盤に感染して既に復帰した人もいるので、正確な数字をカウントすることは難しい」との説明だった。検査総数は把握できていないという。陽性者数はあくまで大会側が管轄する検査の集計であり、外部で受けている人もいる可能性がある。

 大会規定では、海外からの全ての参加者にワクチン接種証明書、出国前24時間以内に受けた抗原検査(定性)またはPCR検査の陰性証明書の提出が義務付けられている。マスクは飲食時を除き、屋内での着用を推奨。体に異変があれば検査を受けるよう求められている。

 ある日本代表選手は「毎朝体調を聞かれて、少しでも悪ければ検査をする」と明かしていた。しかし、あくまで自己申告のため、海外の選手団がどこまで規定を遵守しているか定かではない。日本選手団は相次ぐ陽性判定により、選手を相部屋から個室に移すなど対応。日本の陽性者数や新たな対策について、大会側は各国に発表していたが、日本以外の国で同様の発表はないため、一つの国で多数の陽性者が出たケースはないとみられる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集