[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

この夏に懸ける高校生へ バドミントン松友美佐紀が伝えた「覚悟」という言葉の意味

松友さんが城東女子バドミントン部に送ったエールの言葉の意味とは【写真:中戸川知世】
松友さんが城東女子バドミントン部に送ったエールの言葉の意味とは【写真:中戸川知世】

松友さんが送ったエールの言葉「覚悟」の意味

 その後は、松友さんを交えての記念撮影。今回、松友さんから城東女子バドミントン部に送られたエールの言葉は「覚悟」。記念撮影はその言葉をデザインした記念旗をバックに行われた。

「自分がやると決めたことに挑戦し続け、達成するには、“絶対にやりきる”という覚悟を自分の中にしっかり持っておかないといけません。

 例えば、『今日は疲れたし、もう(練習は)いいかな』と1回でも楽な方に行ってしまうと、後で『次は頑張ろう』と思っても、絶対に戻ってこられません。私は後から『やっぱりやっておけばよかったな』と思いたくない。だから、覚悟の気持ちを持ってバドミントンに取り組んでいます。

 私はいつバドミントンができなくなっても、好きなことができなくなっても後悔しないように1日1日を大切に過ごしています。昔も、多分これからも、それは変わらないと思います」と“覚悟”の言葉に込めた想いを語った。

 授業の最後は生徒を代表し、キャプテンの林真央さん(3年)が挨拶。「技術面、精神面ともに、まだ練習で改善できる面があります。本番でより良い成績が残せるよう頑張ります」と、松友さんへ意気込みと感謝の言葉を送った。

 終了後、最後の生徒が退出するまで手を振って送り出す松友さんに向かい、照れたように、小さく手を振りながら去っていく生徒も。松友さんは9月、改めて現地で高校生たちに指導を行う。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集