[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パリ五輪出場を夢見る体操の高校2年生 「一人じゃできない」優勝にかける“初めての夏”

全国高校総体「インターハイ」が北信越で2年ぶりに開催される。コロナ禍にめげることなく、さまざまな「あきらめない」を持った出場校や選手を紹介する連載「できっこないを、やる夏だ。」。今回は8月9日に開幕する体操の鯖江(福井)・宮田笙子(2年)。2024年パリ五輪出場を夢見る逸材が迎える“初めての夏”で、個人より団体で優勝を「あきらめない」理由とは。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

インターハイ優勝を目指す鯖江体操部・宮田笙子【写真:荒川祐史】
インターハイ優勝を目指す鯖江体操部・宮田笙子【写真:荒川祐史】

連載「できっこないを、やる夏だ。」鯖江体操部2年・宮田笙子

 全国高校総体「インターハイ」が北信越で2年ぶりに開催される。コロナ禍にめげることなく、さまざまな「あきらめない」を持った出場校や選手を紹介する連載「できっこないを、やる夏だ。」。今回は8月9日に開幕する体操の鯖江(福井)・宮田笙子(2年)。2024年パリ五輪出場を夢見る逸材が迎える“初めての夏”で、個人より団体で優勝を「あきらめない」理由とは。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 体育館にリュックを提げ、駆けてきたセーラー服の高校生は着替えた途端、アスリートの目に変わる。

「優勝できた時は、それなりの練習ができていたから、その結果が出る。できていない時ほど、後から考えると日々の練習が足りなかったと後悔する。しんどくても、本番でしんどい瞬間が来たら、やらないといけない。だから、練習し続けるしかない」

 宮田笙子は熱い眼差しで練習を始めると、宙を舞い、くるくると回転した。

【注目】「できっこないを、やる夏だ。」 全国の高校生を応援、全30競技ライブ配信「インハイTV」特設サイトはこちら

 高校2年生にして、すでにシニアを含め、全国クラスの一人。6月に行われた全日本種目別選手権、得意の跳馬で14.400点をマークし、東京五輪代表・村上茉愛に次ぐ2位に。床ではH難度「シリバス」を決める逸材も、高校でまだ手にしていないタイトルがある。

 インターハイ――。昨年は新型コロナウイルス感染拡大により中止になった。10月に行われた代替大会で1年生ながら、個人総合で優勝。しかし、正式大会として2年生で迎える“初めての夏”への想いは強い。

「インターハイより大きな大会はあるけど、インターハイは高校生でしかない大会。ここで活躍しようと中学から思っていた。結果を残したいです」

 故郷の京都で、体操を始めたのは4歳。体操教室に通う兄に付いていき、体を動かすことが大好きだった妹は兄を真似するうち、その楽しさの虜に。ジュニア時代から国際舞台を踏み、転機が訪れたのは中学生の時だ。

 福井に訪れた合宿で、鯖江の田野辺満監督に「うちで体操をやらないか」と声をかけられた。恩師は非凡な下半身のパワーを見て思った。「この子は将来、日本の宝になる」。宮田も選手一人一人の特長を伸ばす指導力に惹かれた。

 中学3年生の10月に鯖江市内の中学に転校。親元を離れ、下宿生活が始まった。

 すべては高校で日本から世界に羽ばたくため。

 しかし、桜満開で迎えた4月、予期せぬ事態が待っていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集