[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「卓球が好きな気持ちを忘れないで」 水谷隼が高校生の“夏の向こう”にエール

卓球の東京五輪代表・水谷隼(木下グループ)が13日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となった全国の卓球部60人に向けて授業を行い、「インターハイがなくなっても、卓球が好きな気持ちを忘れないで続けてほしい」と“夏の向こう”にエールを送った。

「オンラインエール授業」に登場した卓球の東京五輪代表・水谷隼
「オンラインエール授業」に登場した卓球の東京五輪代表・水谷隼

卓球東京五輪代表が「オンラインエール授業」で全国の卓球部60人に夢授業

 卓球の東京五輪代表・水谷隼(木下グループ)が13日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となった全国の卓球部60人に向けて授業を行い、「インターハイがなくなっても、卓球が好きな気持ちを忘れないで続けてほしい」と“夏の向こう”にエールを送った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 水谷が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、バレーボールの大山加奈さん、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に講師を務めてきた。

 第16回に登場したのが、現役の卓球東京五輪代表選手。冒頭で水谷は高校3年間を振り返った。在籍したのは強豪・青森山田。「とてもスポーツが強い学校で、周りは同世代の日本一の選手がたくさん入ってくる。練習は1日7、8時間くらい。中学生、高校生、大学生と同じ練習場で毎日練習していました」。そんなハイレベルな環境で追いかけた目標が2つあった。

 全日本選手権優勝とインターハイ優勝。実際に前者は2年生でシングルス制覇、後者は3年生でシングルスを含め3冠を達成した。「当時は毎日たくさん練習していて、『誰よりも練習しているから、自分が絶対チャンピオンになれる』と思って、結果を残すことができて満足しています」。がむしゃらに駆け抜け、大願を成就させた3年間はキャリアにおいても特別だったという。

「卓球人生26年間で、一番練習量が多くて、とにかくハードな3年間でした。ただ、物凄く充実していたし、一番楽しい時期と言われたら、高校時代の3年間だったと思います」

 のちに前人未踏の全日本選手権10度優勝を達成、リオデジャネイロ五輪銀メダルを獲得するなど、日本卓球界に数々の金字塔を打ち立てる世界的選手が語った青春時代のエピソード。話を聞いている高校生の眼差しは画面上で、一段と真剣さが増した。続いて行われたのが質問コーナー。「技術」「メンタル」「人生」という3つの構成で、参加者から次々と声が上がった。

 特に、高校生をうならせたのは「上手くなるためにどのような練習をしてきましたか?」という質問が飛んだ時だった。

「上手くなるためには、まず練習。それが何においても一番。練習をしなければ、絶対に上手くなりません」と前提を語った上で、水谷は続けた。「部活、クラブも練習量はだいたい2、3時間で変わらない。でも、人と人の差は凄く付いてくる。自分もそんなに他の選手より練習する方ではなかったけど、同学年で自分がどんどん強くなっていった」。その理由は――。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集