[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア女子選手の減量は「わりと壮絶」 10代は体型変化でスランプに陥る課題

元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。13問目は「フィギュアスケート選手の減量って大変?」。

アリーナ・ザギトワは、15歳で平昌五輪金メダルを獲得以降、急激に身長が伸びスランプに【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワは、15歳で平昌五輪金メダルを獲得以降、急激に身長が伸びスランプに【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#79 中野友加里が答える「17のギモン」13問目

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

 元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。13問目は「フィギュアスケート選手の減量って大変?」。

 ◇ ◇ ◇

 銀盤で華麗に、軽々とジャンプを跳んでいるフィギュアスケート選手。しかし、その裏に厳しい体重管理がある。特に、女子選手は繊細な調整が求められるという。中野さんが経験談とともに明かす。

「やはり、体重はジャンプに大きく影響します。理由は単純。500ミリリットルのペットボトルを飲めば、500グラム重くなる。滞空時間は短くなり、回転速度も落ちやすい。鉛筆をイメージすると分かりやすいですが、細い物は速く回転できる。それと同じ原理。私のように小さい体(156センチ)で割と軽ければ、体の軸がブレにくく、回転軸も取りやすいと思います。体重が増えることで、回転速度が必要になるスピンにも影響が出ます」

 近年はロシアの10代若手女子選手が次々と4回転ジャンプに成功。もちろん、本人の能力やスケート靴性能の向上もあるが、もう一つ大きいのは体重が軽い時に成功させていること。15歳で平昌五輪金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワは以降、急激に身長が伸び、スランプに陥った。

「身長が伸び続けるとスタイルが良く、見映えも美しいですが、体重は身長と共に増えてしまいます。そうなると、ジャンプの面では身長の高い選手は軸を取るのに苦労すると思います。一方で体重が増えてもスケーティングの深み、味わいが出る、ディープエッジに乗りやすいメリットもあり、一概に痩せればいいわけでもありません。痩せすぎて女性としての魅力を失う選手も見て来たので、痩せすぎても太りすぎてもいけない、難しいバランスを求められます」

 中野さん自身も現役時代は体重との闘いだった。初めて意識したのは中学3年生だった15歳。身長の伸びが止まり、食べると体重に影響が出やすくなった。14歳で跳べていたトリプルアクセルが跳べなくなり、ショックを受けた。

「コーチから『とにかく痩せて』と言われていました。ただ、食欲も旺盛な時期で心の中はせめぎ合い。そんな私を見て、母が減量のサポートをしてくれました。今まで好きなだけ食べていたお米をグラムで量り、120~150グラムしか食べないようにしました。甘い物は絶対ダメで、油ものもやめました。『水を飲んだらその分、太ると思いなさい』と言われ……。わりと壮絶でした」

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集