[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアの衣装はどう作られる? 制作費50万円超が存在、“汗染み”の悩みも…

元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。9問目は「選手の衣装はどう作られてるの?」。

中野友加里さんが答える「17のギモン」 今回のテーマは「選手の衣装はどう作られてるの?」【写真:荒川祐史】
中野友加里さんが答える「17のギモン」 今回のテーマは「選手の衣装はどう作られてるの?」【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#56 中野友加里が答える「17のギモン」9問目

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や恩師の知られざるストーリーや意外と知らない競技の知識など、五輪に新たな“見方”を届ける特集「オリンピックのミカタ」を展開。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアスケートを好きな人はもっと好きに、知らない人は初めて好きになる17日間」をテーマに連日記事を配信し、競技の“今”を伝え、“これから”を考える。

 元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。9問目は「選手の衣装はどう作られてるの?」。

 ◇ ◇ ◇

 フィギュアスケートで際立つ選手たちの衣装。さまざまなこだわりを感じられるのも、魅力の一つ。

 実際、どんな過程で作られるのか。「フィギュアスケートの衣装を専門で手掛ける衣装屋さんは、日本はもちろん世界各地にいます」と言う中野さん。バレエ音楽のプログラムを演じたシーズン、クラシックバレエを専門にしているデザイナーに依頼し、製作のために米国まで飛んだこともある。

「そのくらい戦う上で衣装は大切な表現要素の一つです。自分の肌の一部という感覚。フィギュアスケートの大会に出る以上は選手がいて、もちろんプログラムがあり、その中に衣装が存在しています。選手にとって欠かせないもの。とはいえ、いきなり有名な衣装屋さんに依頼できるわけではなく、最初は母の手作りでした。シニアに上がり、4大陸選手権などの大きな国際大会に出るようになって、依頼するようになりました」

 どんなやりとりが行われるのか。

「一番に伝えるのは曲名です。デザイナーもプロなので、曲のテイストで世界観は掴んでもらえます。加えて、希望の色と自分の採寸。最初に振付師の先生に紹介してもらったのはロシアの方で、自分の希望を伝えると、デザインがいくつかメールで送られてきました。それを自分で選んで決めたら、実物が発送されてきます。なので、その方とは一度も会わずに衣装を完成させました」

 こだわるのはデザインだけではない。「重いものをつけて跳ぶと、体重と同じで、そのまま余分な重さになります。キラキラと光るストーンの素材も軽さ重視。技術面で影響が出るため、軽量化するようにしていました」と語る。

 それだけこだわりが強いと、金額もかかる。デザイン料を含め、海外デザイナーは「10万円以上は見込んでおいた方がいいと思います」と中野さん。高いものは50万円以上になるが、それだけ選手にとって重要なものである裏返しだ。

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集