[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平井コーチと12年の二人三脚 ラーメンに救われた青木玲緒樹の決意「五輪の決勝に」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が7月12日に開幕する。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。開幕まであと29日の第2回は、女子100メートル平泳ぎ、女子メドレーリレーの青木玲緒樹(れおな・ミズノ)が登場。12年の二人三脚で結ばれた恩師との絆に迫る。

カウントダウン連載第2回は青木玲緒樹が登場【写真:Getty Images】
カウントダウン連載第2回は青木玲緒樹が登場【写真:Getty Images】

「世界水泳カウントダウン連載」競泳開幕まであと29日―女子100m平泳ぎ、メドレーリレー青木玲緒樹

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が7月12日に開幕する。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。開幕まであと29日の第2回は、女子100メートル平泳ぎ、女子メドレーリレーの青木玲緒樹(れおな・ミズノ)が登場。12年の二人三脚で結ばれた恩師との絆に迫る。

 ◇ ◇ ◇

 24歳の青木には、「成長した」と言わせたい人がいる。日本代表の平井伯昌ヘッドコーチだ。

 出会いは小学5年生。全国大会で優勝したことで、当時の担当コーチからトップレベルの選手が集まる高地合宿に呼ばれた。きついメニューを終えると、なかなか食事がのどを通らない。「ちゃんと食べろよ!」。残ったご飯を見て、喝を入れたのが平井コーチだった。

 中学から本格的に指導を受け始め、12年もの間、師弟関係が続いている。平井コーチにとっては、平泳ぎで五輪2大会連続2冠の北島康介氏に次ぐ長さ。青木は「あっという間ですよね。離れている方が逆に違和感がある。毎日会っているので、お父さんとかより長くいると思う」と明かす。

 毎年4月に行われる日本選手権は、2017年から100メートルと200メートルで連覇。しかし、今年は2種目とも派遣標準記録を切ることができず、世界水泳行きを決められなかった。100メートル決勝は前半を1位で折り返したが、後半に大失速。1分07秒98で5位に終わった。200メートルも準決勝で2分28秒04で決勝進出さえかなわなかった。

「自信の持てる練習をできていなくて、レースでもそういった面が出てしまった。本当に出し切れなくて、何とも言えない気持ちというか、立ち直るのにすごい時間がかかりました」

 涙に暮れる帰り道。見かねた平井コーチからラーメン屋に誘われた。失意の中で出されたのは野菜たっぷりの味噌ラーメン。「全部食べろよ!」。先生の厳しさは12年前と変わらない。「普通に食べるよりおいしく感じた。心が弱っているときなので。つらい時に気持ちを救ってくれたラーメン。またつらい時があったら、この味噌ラーメンを見て元気を出します」。優しさも身に染みた。スマホに保存した食べる前のラーメンの写真は“お守り”となっている。

 だが、簡単に気持ちが前を向いたわけではない。その後も、失速した日本選手権100メートル決勝の映像は見返せない。「見ちゃったら頭の片隅に残っちゃうんじゃないか」。見たとしても、追い抜かれる前の75メートルまで。「練習行けません」と朝6時に平井コーチに電話した時もあった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集