[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デビュー数日で始球式、ゼッケン盗難騒動 女性というだけで過熱した“アイドル騎手”の葛藤――騎手・藤田菜七子

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。3日目は競馬界で女性騎手として数々の記録を打ち立ててきた藤田菜七子が登場する。

男社会の競馬界で味わった葛藤を語った藤田菜七子【写真:安藤未優】
男社会の競馬界で味わった葛藤を語った藤田菜七子【写真:安藤未優】

THE ANSWER的 国際女性ウィーク3日目「男性社会で戦う女性」藤田菜七子インタビュー前編

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。3日目は競馬界で女性騎手として数々の記録を打ち立ててきた藤田菜七子が登場する。

【注目】“くいこみ”や“生理のモレ”の不快感を軽減 ワコールの新感覚ショーツに福士加代子さんが感動

 今回のテーマは「男性社会で戦う女性」。社会的に「女性活躍推進」がトレンドの今、男女が同じ土俵で戦う数少ないスポーツ、競馬騎手として奮闘する藤田。日本中央競馬会(JRA)16年ぶりの女性騎手としてデビューし、活躍が難しかった女性騎手の記録を数々塗り替えてきた。前編では、動物が好きだった小学6年生でジョッキーを志したきっかけを回顧。男社会の競馬界でデビューし、“アイドル騎手”として過剰に注目された葛藤を語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 500キロのサラブレッドにまたがり、時速60~70キロでターフを駆ける。手綱で馬と会話し、人馬一体となって1着を目指す。最高峰のG1レースは10万人以上の観衆が熱狂する。トップクラスになれば、年間で“億”の収入を稼ぐこともできる、夢のある職業、競馬ジョッキー。

 その分、競争が激しい。そして、落馬のリスクも付きまとう。危険と隣り合わせの仕事でもある。

「先週は(前の馬が蹴った)芝のスッゴイでっかい塊が顔に飛んできて、両方から鼻血が出てしまって……そんなことはしょっちゅうです(笑)。ダート(砂)も冬は凍らないように凍結防止剤を撒いていますが、この時期は凄く肌が荒れやすい。それも、大変なところですね」

 デビュー8年目を迎えた25歳の藤田菜七子は、稼業のひとコマを明るく笑って話す。

 東京五輪で陸上の混合リレー、卓球の混合ダブルスという種目が採用されたように、スポーツ界も「男女平等」の社会の流れを汲むようにして男女混合種目が増えた。しかし、男性と女性が個人で競うスポーツとなると数少ない。競馬のジョッキーは、そのひとつだ。

 JRAにはおよそ150人の騎手が登録しているが、女性はわずか4人である(取材した2023年2月末時点)。

 そのなかで、女性ジョッキー活躍の先駆者となったのが藤田だ。2016年にJRA史上16年ぶりの女性騎手としてデビュー。これまで女性歴代最多148勝を挙げ、重賞勝利、G1レース騎乗など、数々の「女性史上初」も達成してきた。

 しかし、競馬界は調教師も厩務員も騎手も男だらけ。そんな世界をなぜ志したのだろうか。まずは、その足跡を辿る。

 茨城・守谷市出身。弟と一緒に空手に励んでいた活発な少女が競馬を知ったのは小学6年生の時。テレビに映るレース中継、その迫力に目を奪われた。「競走馬に乗る仕事って、凄くカッコイイなあ」。もともと大の動物好き。将来は動物に関わる仕事がしたかった。

 特に、親に連れて行ってもらった遊園地にポニーの体験乗馬があれば必ずねだったほど、馬は好き。

「乗り物ではなく、馬という生き物に乗れるなんて日常にはないし、他ではあり得ない。馬に乗って味わえる高さや速さが、子供の頃から凄く面白かったんです」

 当時はウオッカ、ダイワスカーレットがG1レースで牡馬をなぎ倒し、牝馬に席巻されていた競馬界。しかし、人間の方は男社会であることは露知らず。命にもかかわる職業とあって、親からは「馬に携わる仕事なら、もっと安全な職業もある」と他の道も紹介された。

 ただ、意志は固かった。小学6年生から乗馬クラブに通い、中学2年生からJRAがジュニア育成を目的として設立した乗馬スポーツ少年団で週5日、腕を磨いた。

 JRAの騎手になるには厳しい試験を潜り抜けて競馬学校に入学し、3年間の騎手過程を修了する必要がある。大半は中学卒業と同時に受験。藤田も中学3年生で挑戦し、受験者153人で合格者7人、倍率21.9倍の難関を突破。見事に合格した。女子は彼女1人だった。

 しかし、晴れて門を叩いた競馬学校で初めて性別の壁にぶつかり、挫折を味わうことになる。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集