[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手のパートナーが夫であるということ 結婚6年目、横峯さくらが見せる夫婦の絆

日本ではメジャー2勝含む通算23勝を挙げ、2004年のプロテスト合格以来、女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら。プロ16年目を迎える今年は、2014年以来の国内ツアー優勝、そして米LPGAツアー初優勝に向け、「チャレンジの年にしたい」と話す。「THE ANSWER」の独占インタビューで見せた横峯の競技者としての横顔、そして女性の幸せとゴルフとの向き合い方など、全2回シリーズでお届けする。

米LPGAツアーで見た光景に憧れたと語った横峯さくら【写真:荒川祐史】
米LPGAツアーで見た光景に憧れたと語った横峯さくら【写真:荒川祐史】

日本で頂点を極めるも「正直、あまりゴルフが好きじゃなくて…」

 日本ではメジャー2勝含む通算23勝を挙げ、2004年のプロテスト合格以来、女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら。プロ16年目を迎える今年は、2014年以来の国内ツアー優勝、そして米LPGAツアー初優勝に向け、「チャレンジの年にしたい」と話す。「THE ANSWER」の独占インタビューで見せた横峯の競技者としての横顔、そして女性の幸せとゴルフとの向き合い方など、全2回シリーズでお届けする。

 2009年、日本女子ゴルフツアーで賞金女王に輝いた横峯さくらは、その後、ちょっとした燃え尽き症候群に襲われていたという。「正直、あまりゴルフが好きじゃなくて、いつ辞めてもいいってスタンスでした」。当時を振り返る顔には苦笑いが浮かぶが、「今はすごくゴルフが楽しいです」と言い切る。そのきっかけとなったのが、2015年から本格参戦した米LPGAツアーで見た光景だった。

「アメリカって、女子プロゴルファーがお母さんで、子供がいて、旦那さんがキャディーをしている例が多いんです。朝、試合に行く前にLPGAが開設する託児所に子供を預けて、18ホール回った後で子供を迎えに行って、夜は普通に家族でご飯を食べる。その絵が、すごく私には衝撃的で。普通にプライベートの幸せと仕事が1つにつながっていることに、すごく憧れましたね」

 日本にも、もちろん出産後もプロとして活躍する女子ゴルファーはいるが、託児所などの体制は整っていない。「結婚したり子供ができたら引退するのが、今の日本の風潮かもしれません」。女性としての幸せを求める時はプロを引退する時――。そう思っていた横峯は、米ツアーで活躍するママさんゴルファーの姿に「こんな生き方があるんだ。こんな人生があるんだ」と目から鱗が落ちた思いがしたという。

「それまでゴルフと幸せが全然つながっていなかったので、すごい発見でしたね。ママさんゴルファーで本当に第一線で活躍している選手がたくさんいて憧れますし、私も子供がほしいので、そういう位置でできればいいなと思います」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集