[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“容姿先行”報道との闘い 「空手界のきゃりー」と言われた植草歩が視線を覆した方法

メディアに報じられたアスリートは、本当に等身大の姿なのだろうか。これから世に出るような若いアスリートには、「○○2世」「〇〇界の××」など目を引く切り口で取り上げられることが多い。とりわけ女子アスリートの記事では、女優やアイドルなど芸能人になぞらえ「〇〇似の美女」なんてフレーズが使われる。気になって写真を見比べたことのある人も多いだろう。

東京五輪の新種目である空手で金メダル候補の植草歩【写真:浜田洋平】
東京五輪の新種目である空手で金メダル候補の植草歩【写真:浜田洋平】

女子選手がビジュアルではなく競技で注目を集めるには、空手・植草歩に聞く

 メディアに報じられたアスリートは、本当に等身大の姿なのだろうか。これから世に出るような若いアスリートには、「○○2世」「〇〇界の××」など目を引く切り口で取り上げられることが多い。とりわけ女子アスリートの記事では、女優やアイドルなど芸能人になぞらえ「〇〇似の美女」なんてフレーズが使われる。気になって写真を見比べたことのある人も多いだろう。

 東京五輪の新種目として実施される空手で金メダル候補の植草歩(JAL)。まだ空手が五輪実施種目に決まる前、有力候補の一つだった2013年。大学3年生の時だった。日本発祥の競技で若手の実力者。メダル獲得が期待される広告塔となり、愛くるしい容姿からメディアに付けられた異名がある。「空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ」――。

 今でこそ競技を背負う空手界の顔となった彼女も、最初は“容姿先行”だった。

「21歳の頃でしたかね。大学3年生。自分では似ていると思っていなかった。髪型かな。別になんとも思っていなかった。きゃりーさんのファンが自分を見てくれて、そこから空手を知ってもらうきっかけになってもいいし、『ああ、似てる~』というところから知ってもらってもいい。どちらに転がってもいいと思っていた。空手が認知されることや、自分という人間を知ってもらえるきっかけになればいいかなと」

 ビジュアル先行で競技自体を見てもらえない可能性もあり、これに抵抗感を持つ女子選手もいる。自分から名乗り出たわけでもないのに、時に過剰な期待を集め、時に無用なマイナス意見を浴びせられることだってある。ただ、プラス思考の植草は「全然、なんとも思っていませんでしたよ」と振り返る。「嫌だったか」の問いには「いや、それはないですね。自分は注目されることが好きなので」と言い切った。

 大好きな空手を知ってもらえる。競技発展に繋がるかもしれない。キャラクター先行で実績がなくても、注目は一つのモチベーション。ありがたいと思うのは偽らざる本音だった。だが、実績が乏しい中で必要以上の脚光を浴び、異名が独り歩きしていることを感じていた。

「キャラクターの方が先走っていた。まだ全日本選手権も優勝していなかったし、世界でも優勝していないのにオリンピックの優勝候補って。それでキャラクターがどんどん先走っていた。テレビのマスコットキャラクターで終わりたくなかったので、注目され始めた時の全日本選手権は優勝したい気持ちが強かった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集