[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、降板後のベンチでの振る舞いを米称賛「素晴らしいチームメートの印だ」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで行われた準決勝でメキシコに6-5で逆転サヨナラ勝ちし、3大会ぶりの決勝進出を果たした。先発の佐々木朗希投手(ロッテ)は快調な滑り出しを見せながら、4回に痛恨の3ランを被弾。その後の振る舞いについて米レポーターは「素晴らしいチームメートであることのサインだ」と称賛している。

メキシコ戦に先発した侍ジャパンの佐々木朗希【写真:Getty Images】
メキシコ戦に先発した侍ジャパンの佐々木朗希【写真:Getty Images】

WBC準決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで行われた準決勝でメキシコに6-5で逆転サヨナラ勝ちし、3大会ぶりの決勝進出を果たした。先発の佐々木朗希投手(ロッテ)は快調な滑り出しを見せながら、4回に痛恨の3ランを被弾。その後の振る舞いについて米レポーターは「素晴らしいチームメートであることのサインだ」と称賛している。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 世界を驚かせた。先発のマウンドに上がった佐々木は初回からエンジン全開。160キロ超えの速球を連発し、1番アロサレーナ、3番メネセスから空振り三振を奪う絶好の立ち上がりを見せた。しかし無失点で迎えた4回2死一、二塁から6番ウリアスに左越え3ランを被弾。4回5安打3失点でマウンドを降りた。

 それでも佐々木はベンチに退いてからも最前列に陣取って応援。その様子に米MLB専門局「MLBネットワーク」のレポーターのジョン・モロシ氏は注目した。自身のツイッターで「観察:降板以降、ロウキ・ササキは日本ベンチの最前線からほとんど離れていない。彼はチームメートをサポートしており、試合に入り込んでいる。素晴らしいチームメートであることのサインだ」とつづり、佐々木の献身性に言及した。

 佐々木は1回先頭打者のアロサレーナを102マイル(約164キロ)のストレートで三振。米記者から「ササキの1回の投球を説明しろと聞かれたら、自分なら、全盛期のデグロムのもう少しエグいレベルだと応える」と称賛されるなど、大きな注目を集めていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集