[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本と米国の野球文化の違いだ」 村上宗隆「バントよぎった」発言に米記者驚きのワケ

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。会見では「バントもよぎった」と告白したが、文化の違いを強調する米記者は「こっちではそんなことは起こらない」「ジャッジがするようなものだろ」と驚きを隠せない様子だ。

WBC準決勝、逆転サヨナラ打を放ち両手を上げて歓喜する村上宗隆【写真:ロイター】
WBC準決勝、逆転サヨナラ打を放ち両手を上げて歓喜する村上宗隆【写真:ロイター】

WBC準決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。会見では「バントもよぎった」と告白したが、文化の違いを強調する米記者は「こっちではそんなことは起こらない」「ジャッジがするようなものだろ」と驚きを隠せない様子だ。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 日本ファンを喜ばせ、世界の野球ファンに衝撃を与えた村上の劇的打。4-5の9回無死一、二塁の打席で、相手右腕ガイェゴスの高め速球をはじき返すと、打球はセンターの頭を越え、フェンスを直撃した。二塁の大谷翔平、一塁の周東佑京が生還。劇的なサヨナラ勝ちで決勝進出を決めた。ヒーロー村上はウォーターシャワーでずぶ濡れになった。

 今大会、なかなか結果が出なかった村上は試合後の会見で「悔しい思いをしていたけど、最後なんとか修正して打てました」と安堵。さらに「翔平さんが塁に出てくれて、(吉田)正尚さんが四球でつないでくれた。ちょっとバントもよぎったけど、城石さん(コーチ)から、監督が『ムネに任せた。思い切っていってこい』と(指示を)言われて、腹をくくっていった」と告白していた。

 この発言を伝え聞いた米スポーツ専門局「ESPN」のアルデン・ゴンザレス記者は「THE ANSWER」の記者に真意を問いただした。ゴンザレス記者に話を聞くと「バントがよぎったという発言に驚いたかって? ああ、もちろんさ。地球上で最高の打者の1人だろ? あの状況だよ? もし米国で、メジャーの試合でそんなことが起こったとしたら、あざ笑われる対象になるだろう。そんなことはこっちでは起きやしないよ」と驚きを隠せない様子を見せた。

 もちろん、ゴンザレス記者は「でも日本と米国では野球文化が違うからね。これは単に文化の違いだ」と置かれた事情を理解。村上のチームに対する自己犠牲が表れた精神でもある。とはいえ「言ってみればジャッジがあの場面でバントするようなものだろ? 私たちの文化からすれば考えられないね」とやはり許容しきれない様子を見せていた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集