[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村上宗隆を信じ抜いた栗山監督の慧眼 目を潤ませ「あんな打者ではない」証明の最終打席

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5で逆転サヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は1点を追う9回に村上宗隆内野手がサヨナラ2点適時打を放った。今大会は不振で、当初の4番から5番に打順も変更。この日も4打数無安打3三振で最終打席を迎えたが、ヒーローを信じ続けた栗山英樹監督の慧眼が光った。

WBC準決勝、サヨナラ打を放ち喜びを爆発させる村上宗隆【写真:Getty Images】
WBC準決勝、サヨナラ打を放ち喜びを爆発させる村上宗隆【写真:Getty Images】

日本は準決勝メキシコ戦に劇的サヨナラ

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5で逆転サヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は1点を追う9回に村上宗隆内野手がサヨナラ2点適時打を放った。今大会は不振で、当初の4番から5番に打順も変更。この日も4打数無安打3三振で最終打席を迎えたが、ヒーローを信じ続けた栗山英樹監督の慧眼が光った。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

“弱気”を打ち消したのは、城石コーチに伝えられた指揮官の言葉だった。

「ムネに任せた。思い切っていってこい」

 7回、ネクストバッターズサークルで打席を待つ間に山川がベンチで準備。村上は「代打かな」とシンプルに予想した。1点を追う9回無死一、二塁のサヨナラ機では「バントがよぎった」。そんな考えとは裏腹に、栗山監督は村上をずっと信じていた。

 交代したのは村上ではなく、サヨナラの代走としてスペシャリスト周東を起用。結果的にこれが大当たりだった。村上がこのお膳立てに応え、左中間フェンス直撃のタイムリー。一塁から周東が快足を飛ばしてホームインし、劇的に決勝進出を決めた。

「最高の一打になりました。調子はいいか悪いかで言えば悪い方でしたが、城石さんから伝えられた監督の一言に救われた。チームの団結も感じました」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集