[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新谷仁美が女子1万m21位 自身の日本記録から2分遅れ、廣中璃梨佳が7位入賞で健闘

東京五輪の陸上は7日、女子1万メートル決勝が東京・国立競技場で行われ、日本記録保持者の新谷仁美(積水化学)が32分23秒87の21位だった。一度引退し、4年間のOL生活を経て復帰した33歳。2012年ロンドン五輪以来2度目の五輪を走り切った。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は31分00秒71の7位、安藤友香(ワコール)は32分40秒77の22位だった。

決勝のレース直後に廣中の健闘を称える新谷仁美【写真:Getty Images】
決勝のレース直後に廣中の健闘を称える新谷仁美【写真:Getty Images】

陸上女子1万m

 東京五輪の陸上は7日、女子1万メートル決勝が東京・国立競技場で行われ、日本記録保持者の新谷仁美(積水化学)が32分23秒87の21位だった。一度引退し、4年間のOL生活を経て復帰した33歳。2012年ロンドン五輪以来2度目の五輪を走り切った。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は31分00秒71の7位、安藤友香(ワコール)は32分40秒77の22位だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 レースは廣中がトップ、新谷が2番手に立ってレースを引っ張った。1200メートルを終えた時には新谷は中段に後退。安藤は後方につけて前を窺った。廣中が先頭集団に食らいつく一方、新谷は徐々に遅れ始めると、4000メートル通過時は完全に取り残され、後方集団にのまれた。懸命に足を回したが、巻き返すことはできず。先頭から引き離され、周回遅れで9年ぶりの五輪を終えた。

 新谷は岡山・総社市出身の33歳。初出場となったロンドン五輪は9位だった。翌年の世界陸上で5位入賞を果たしたが、14年1月に故障や健康上の理由で一度引退。4年間のOL生活を経て18年6月のレースで現役復帰した。19年世界陸上は11位。昨年12月の日本選手権では、18年前の日本記録を28秒45も更新する30分20秒44で優勝を飾り、異次元の走りを見せつけていた。

 今大会は5000メートルでも代表入りしたが、1万メートルに専念するため辞退。走りはさることながら、女性アスリートの生理の実情や東京五輪開催に向けたメッセージなども発信し、言葉にも魅力を持つアスリートとして注目を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集