[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生&小池、バトンミス気遣った“気丈な振る舞い”にSNS感動「勇気ある挑戦に拍手」

東京五輪は6日、陸上男子400メートルリレー決勝が行われた。多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)の順で臨んだ日本は、バトンパスのミスによりまさかの途中棄権となった。桐生、小池は走ることなく決勝を終えたが、うなだれる多田、山縣のもとへすぐに近づき、声をかけるシーンが見られた。SNS上の日本人ファンからは「胸が熱くなりました」「誰にでもできることではない」などと感動の声があがっている。

陸上男子400メートルリレー日本代表【写真:Getty Images】
陸上男子400メートルリレー日本代表【写真:Getty Images】

東京五輪・陸上男子400メートルリレー決勝

 東京五輪は6日、陸上男子400メートルリレー決勝が行われた。多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)の順で臨んだ日本は、バトンパスのミスによりまさかの途中棄権となった。桐生、小池は走ることなく決勝を終えたが、うなだれる多田、山縣のもとへすぐに近づき、声をかけるシーンが見られた。SNS上の日本人ファンからは「胸が熱くなりました」「誰にでもできることではない」などと感動の声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 真っ先に声をかけ、気遣った。1走の多田がスタートから快走。しかし、2走の山縣へのバトンパスがうまくいかなかった。バトンは渡ることなく、日本は途中棄権。トラックでうなだれる2人のもとへ、桐生と小池がすぐに近寄って行った。桐生は2人の肩をポンと叩き、気丈に声をかけて励ます。小池も悔しそうな多田の隣に立ち、腰に手を当てていた。

 走ることなくレースを終えた桐生と小池。テレビインタビューでは涙するシーンもあった。実際の映像を見たツイッター上のファンからは「人柄に胸が熱くなりました」「切ないのにものすっごく良い」「まだまだ強くなる! と思った瞬間」「肩を抱く桐生選手、小池選手を見て本当に感動」「誰にでもできることではないし、ただただ純粋な優しさに溢れた光景」「勇気ある挑戦に、心から拍手を贈ります」などと反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集