[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アリサ・リウの記事一覧

  • チェン&13歳リウ、“全米V2ショット”に現地ファン喝采「2人の大きな才能が1枚に」

    2019.01.29

    フィギュアスケートの全米選手権では男女で大きな衝撃が生まれた。女子では13歳のアリサ・リウがショートプログラム(SP)2位から逆転優勝。史上最年少女王誕生となった。男子では世界選手権王者ネイサン・チェンが合計342.22点という驚異的なスコアをマークして3連覇を達成。センセーショナルな大会となった。米国フィギュアスケート協会は公式インスタグラムで、この2人の2ショットを公開。改めてファンの喝采を浴びている。

  • 140cm女王リウが登れず… 表彰台の“粋な手助け”に米記者恍惚「心がとろける」

    2019.01.27

    フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の13歳アリサ・リウが143.62点をマークし、合計217.51点で逆転優勝。史上最年少女王誕生となったが、表彰式で起きた“粋な手助け”が話題を呼んでいる。身長140センチの13歳は表彰台に登れず、2、3位の両選手に引き揚げられて真ん中に。最年少女王を象徴するようなシーンを米メディアが動画付きで公開し、「ささやかな手助け!」「心がとろける」などと反響を呼んでいる。

  • 13歳リウの最年少V 抜かれた“元祖天才少女”も絶賛「彼女は米女子スケートの未来」

    2019.01.26

    フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の13歳アリサ・リウが143.62点をマークし、合計217.51点で逆転優勝。史上最年少女王誕生となったが、従来の記録を持っていた“元祖天才少女”タラ・リピンスキーも「記録は破られるためにあるもの」「彼女は米国女子スケートの未来です」と絶賛している。

  • 13歳リウ、3A2発の史上最年少Vに米衝撃「世界よ、気をつけろ」「未来がやってきた!」

    2019.01.26

    フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の13歳アリサ・リウが143.62点をマークし、合計217.51点で逆転優勝。長野五輪金メダリストのタラ・リピンスキーが14歳で作った記録を上回り、大会史上最年少女王となった。得点が出ると驚きを爆発させて嬉し涙を流し、13歳らしいあどけなさを見せたが、米メディアは「世界よ、気をつけろ」「未来がやってきた!」などと速報し、早くも衝撃が広がっている。

  • 13歳リウが衝撃の全米選手権V! 史上最年少女王の快挙、米国から超新星が出現

    2019.01.26

    フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の13歳アリサ・リウが143.62点をマークし、合計217.51点で逆転優勝を飾った。海外メディアによると、大会史上最年少Vになったという。2位は合計213.59点のブレイディ・テネル、3位は212.40点でマライア・ベルが入った。

  • 米国の13歳リウが圧巻の3A成功! SP2位で昨季の女王テネルに肉薄…全米選手権女子SP

    2019.01.25

    フィギュアスケートの全米選手権は24日(日本時間25日)、女子ショートプログラム(SP)で13歳アリサ・リウがトリプルアクセルに成功。73.89点を記録し、2位に入った。トリプルアクセルを成功させるシーンを米記者が動画で公開。「今シーズンは凄い」と驚愕している。昨年女王のブレイディ・テネルが76.60点で首位に立った。

  • 米国の12歳が史上最年少で3アクセル成功! 浅田真央さんらに続く史上9人目快挙

    2018.08.05

    フィギュアスケートは2018-19シーズンの本格的な開幕を控え、驚きのニュースだ。12歳が女子で史上9人目となる国際大会でのトリプルアクセルに成功。米メディアが伝えている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集