[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ陽性で全米選手権棄権の16歳リウが五輪代表選出 「UMMM OMG!?!?!?」と歓喜

フィギュアスケートの16歳アリサ・リウ(米国)が北京五輪代表に選出された。代表選考となる全米選手権はショートプログラム(SP)3位だったが、その後に新型コロナウイルス陽性が判明し、フリーを棄権。しかし、過去の実績が評価され、大会で優勝したマライア・ベル、2位のカレン・チェンとともに「3枠目」に決まった。

全米選手権女子SPで演技をするアリサ・リウ【写真:Getty Images】
全米選手権女子SPで演技をするアリサ・リウ【写真:Getty Images】

SP3位もフリー棄権、代表発表会見は一人だけオンライン出席

 フィギュアスケートの16歳アリサ・リウ(米国)が北京五輪代表に選出された。代表選考となる全米選手権はショートプログラム(SP)3位だったが、その後に新型コロナウイルス陽性が判明し、フリーを棄権。しかし、過去の実績が評価され、大会で優勝したマライア・ベル、2位のカレン・チェンとともに「3枠目」に決まった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 リウはインスタグラムを更新し、「UMMM OMG!?!?!?(ああ、なんてことなの!?!?!?)」と驚きの第一声。「五輪代表チームに入るという私の目標・夢を叶えたなんて信じられない。練習が報われたのだと思う」と記した上で「arebearsk8 (カレン・チェン)と @mariahsk8rbell(マライア・ベル)におめでとう。WOOOOOOO」と祝福のメッセージも記した。

 また、代表発表会見では一人だけオンラインで出席。ベルとチェンに挟まれたモニターで手を振るリウの様子を、米紙「USAトゥデー」のコラムニスト、クリスティン・ブレナン氏がツイッターでアップしている。2019年大会でノービスクラスながら出場し、13歳で史上最年少全米女王となっていたリウ。自身にとって初となる五輪切符を掴んだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集