[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「指導者10年目の視点」の記事一覧

  • 「日本人指導者がダメってことはない」 コーチ10年目、元日本代表FWが挑む新たな戦い

    2023.03.07

    全国高校サッカー選手権で2度頂点に立ち、プロ入り後も公式戦通算367試合84得点をマークしてJ1リーグ優勝も経験。日本代表にも選出された北嶋秀朗(44歳)は、開幕30年を迎えたJリーグの歴史にその名を刻むストライカーの1人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。最終回では2014年から指導者の道に進んだなかで、Jクラブのトップチームコーチを務める上で大切にしてきたこと、そして今季からクリアソン新宿のヘッドコーチとなり、S級ライセンスの取得を目指す新たな挑戦に向けた想いを聞いた。(取材・文=小宮 良之)

  • トルシエから「いきなりビンタされて…」 北嶋秀朗が日本代表の練習で受けた衝撃

    2023.03.01

    全国高校サッカー選手権で2度頂点に立ち、プロ入り後も公式戦通算367試合84得点をマークしてJ1リーグ優勝も経験。日本代表にも選出された北嶋秀朗(44歳)は、開幕30年を迎えたJリーグの歴史にその名を刻むストライカーの1人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。今回は2000年のアジアカップ日本代表に初招集された当時を振り返る。“赤鬼”と呼ばれたフィリップ・トルシエ監督から熱血指導を受け、日本のトップ選手と一緒にプレーしたことで、選手として新たな発見があったという。(取材・文=小宮 良之)

  • 高校サッカーが生む「怪物FWいる」 北嶋秀朗も実感、選手権の力とカオスな部活の環境

    2023.02.26

    全国高校サッカー選手権で2度頂点に立ち、プロ入り後も公式戦通算367試合84得点をマークしてJ1リーグ優勝も経験。日本代表にも選出された北嶋秀朗(44歳)は、開幕30年を迎えたJリーグの歴史にその名を刻むストライカーの1人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。今回は日本代表FWに高体連出身者が多いことを引き合いに、理屈では説明できない部活の指導がストライカーに及ぼす影響について持論を展開した。(取材・文=小宮 良之)

  • 「才能がない」と悟った北嶋秀朗の決断 超高校級FWに衝撃受けた市立船橋での分岐点

    2023.02.22

    全国高校サッカー選手権で2度頂点に立ち、プロ入り後も公式戦通算367試合84得点をマークしてJ1リーグ優勝も経験。日本代表にも選出された北嶋秀朗(44歳)は、開幕30年を迎えたJリーグの歴史にその名を刻むストライカーの1人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。第2回では市立船橋高校での輝かしい活躍の裏で、“超高校級FW”と出会ってから己の弱さと向き合い、ストライカーとして成長した日々を振り返った。(取材・文=小宮 良之)

  • 高校サッカーの名門“市船”の重みとシゴキ 北嶋秀朗「すべて肯定するわけではなく…」

    2023.02.19

    昨年のカタール・ワールドカップで、強豪ドイツとスペインを破った日本代表は4度目のベスト16進出を果たし、Jリーグは今年、1993年の開幕から30周年を迎えた。新たな歴史の1ページを一つひとつ書き加えながら、さらなる高みを目指して前進する日本サッカー。北嶋秀朗(44歳)も、そんな歴史とともに奮闘してきた蹴球人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。第1回では高校サッカーの“名門”、市立船橋での日々と厳しさの中で得たものを振り返ってもらった。(取材・文=小宮 良之)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集