[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校サッカーが生む「怪物FWいる」 北嶋秀朗も実感、選手権の力とカオスな部活の環境

全国高校サッカー選手権で2度頂点に立ち、プロ入り後も公式戦通算367試合84得点をマークしてJ1リーグ優勝も経験。日本代表にも選出された北嶋秀朗(44歳)は、開幕30年を迎えたJリーグの歴史にその名を刻むストライカーの1人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。今回は日本代表FWに高体連出身者が多いことを引き合いに、理屈では説明できない部活の指導がストライカーに及ぼす影響について持論を展開した。(取材・文=小宮 良之)

今年度の高校サッカー選手権で注目を集めた神村学園FW福田師王。1月にドイツのボルシアMGへ加入、次代の日本代表候補として期待される【写真:徳原隆元】
今年度の高校サッカー選手権で注目を集めた神村学園FW福田師王。1月にドイツのボルシアMGへ加入、次代の日本代表候補として期待される【写真:徳原隆元】

北嶋秀朗「指導者10年目の視点」第3回、部活がストライカー育成に及ぼす影響

 全国高校サッカー選手権で2度頂点に立ち、プロ入り後も公式戦通算367試合84得点をマークしてJ1リーグ優勝も経験。日本代表にも選出された北嶋秀朗(44歳)は、開幕30年を迎えたJリーグの歴史にその名を刻むストライカーの1人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。今回は日本代表FWに高体連出身者が多いことを引き合いに、理屈では説明できない部活の指導がストライカーに及ぼす影響について持論を展開した。(取材・文=小宮 良之)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

 全国高校サッカー選手権、1994年度大会の決勝。北嶋秀朗は高校1年生だったが、プロ顔負けのシュートを決めている。スルーパスをバックラインの背後に呼び込み、出てきたGKをあざ笑うかのように、鼻先でコースを変えてファーサイドに流し込んだ。

「あれは当時から得意技で、プロに入ってからも同じようなのを結構、決めていますね」

 北嶋はそう言って胸を張った。

 1年生にして、すでに非凡さを示していた。3年生になった96年度の選手権では、右サイドでスルーパスに抜け出すと、今度は中途半端に前に出たGKを見透かし、ループで頭上を抜いた。一連の流れは、トッププロレベルだった。

 しかし97年に鳴り物入りで加入した柏レイソルでは、1年目はリーグ戦6試合0得点で期待外れ。2年目にようやく2得点したが、物足りなかった。正念場の3年目で7ゴールを記録し、シドニー五輪予選アジア最終予選メンバーにも選ばれている。そして4年目で18得点。日本代表にも選出され、ゴールセンスを一気に花開かせた。

 稀代の“選手権ストライカー”は、何をきっかけにブレイクスルーできたのか。

「バリバリ点を取っているのは選手権だけ。それ以外、インターハイとか他の大会はさっぱり。だから、『選手権男』というのもズバリその通りで、そこでしか取っていない(笑)」

 北嶋は正直にそう明かす。

「選手権、大観衆のなかでプレーする光景は強烈でしたよ。帝京戦なんて相手のファンもたくさんいたから、やばかったですね。今の高体連の選手たちもきっとそうだと思いますけど、あの瞬間があるからこそ頑張れるんじゃないですかね? 選手権の在り方はいろいろ議論されますけど、変にいじるべきじゃないと思います。あれは、あれでいい大会です」

1 2 3

北嶋 秀朗

サッカー元日本代表 
1978年5月23日生まれ。千葉県習志野市出身。名門・市立船橋高(千葉)で1年時から頭角を現し、高校サッカー選手権を2度制覇。3年時の大会では6ゴールを奪い得点王に輝いた。卒業後は柏レイソルに加入し、プロ4年目の2000年シーズンにはJ1リーグ戦で30試合18ゴールをマーク。日本代表にも招集され、同年のアジアカップに出場した。柏には通算12年半在籍し、11年には悲願のJ1優勝。ロアッソ熊本に所属していた13年限りでスパイクを脱いだ。引退後は指導者の道へ進み、熊本、アルビレックス新潟、大宮アルディージャでコーチを歴任。23年からJFLクリアソン新宿のヘッドコーチに就任した。

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集