[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校サッカーの名門“市船”の重みとシゴキ 北嶋秀朗「すべて肯定するわけではなく…」

昨年のカタール・ワールドカップで、強豪ドイツとスペインを破った日本代表は4度目のベスト16進出を果たし、Jリーグは今年、1993年の開幕から30周年を迎えた。新たな歴史の1ページを一つひとつ書き加えながら、さらなる高みを目指して前進する日本サッカー。北嶋秀朗(44歳)も、そんな歴史とともに奮闘してきた蹴球人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。第1回では高校サッカーの“名門”、市立船橋での日々と厳しさの中で得たものを振り返ってもらった。(取材・文=小宮 良之)

高校3年時の選手権で北嶋秀朗は2度目の日本一を経験。自身も6ゴールを決め得点王に輝いた【写真:青木紘二/アフロスポーツ】
高校3年時の選手権で北嶋秀朗は2度目の日本一を経験。自身も6ゴールを決め得点王に輝いた【写真:青木紘二/アフロスポーツ】

北嶋秀朗「指導者10年目の視点」第1回、高校時代の厳しさと宝物のような日々

 昨年のカタール・ワールドカップで、強豪ドイツとスペインを破った日本代表は4度目のベスト16進出を果たし、Jリーグは今年、1993年の開幕から30周年を迎えた。新たな歴史の1ページを一つひとつ書き加えながら、さらなる高みを目指して前進する日本サッカー。北嶋秀朗(44歳)も、そんな歴史とともに奮闘してきた蹴球人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。第1回では高校サッカーの“名門”、市立船橋での日々と厳しさの中で得たものを振り返ってもらった。(取材・文=小宮 良之)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

 北嶋秀朗は、Jリーグ30年を代表するストライカーの1人と言えるだろう。1997年に加入した柏レイソルではJ1、J2優勝を経験し、クラブワールドカップ出場も成し遂げた。J2やカップ戦をすべて含めると、367試合84得点。日本代表にも選出され、3試合1得点。2000年には、トルシエジャパンでアジアカップ優勝メンバーにもなっている。

 その北嶋はどんなサッカー選手人生を送ったのか。高校時代を中心にプロ選手になってからの葛藤と成長、そして指導者人生まで北嶋に余すところなく語ってもらった。現場の実情に迫る短期集中連載インタビュールポ。彼が見た景色を通じ、1人の人間がどう生きて、1人の選手がどう歩むべきか、そのヒントが見つかるかもしれない。

 まず紐解くべき物語は、やはり市立船橋高校にあるだろうか。2度の全国高校サッカー選手権優勝という栄光。通算16得点は当時最多だった。“市船”の重みとは――。

 今から20年以上前の高校時代の部活を、現代のものと照らし合わせるのは難しい。どの高校の部活も、上下関係など不条理は少なからずあった。いわゆるシゴキだ。

 しかし、北嶋秀朗自身は純粋に「今」を必死に生きていたという。

「市船は夏合宿があるんですけど、1日練習で。朝起きて、いきなり紅白戦をやっていました」

 北嶋はそう言って笑みを浮かべる。

「1年対2年、2年対3年とか、学年対抗でやるんですよ。1年対2年は1年が1点リードでスタートするんですけど。先輩から『早く点決めさせろ』って脅されて、追いつかせてからがスタート(笑)。失点数×10本で、市船伝統の『16秒』ってあるんですけど、100メートルを16秒で行って戻ってくる。これがあるんで、なかなかつらかったです(苦笑)」

 問答無用の厳しさのなか、誰もが突っ走っていた。

「ミニボールでドリブルしながらコーチの周りをぐるりと回ってから、GKが立った小さなゴールにシュートを打つ練習があるんです。10本打つんですけど、1本外すごとに×10。だから最初の1本を外すと、やばいって(笑)。8本外したことがあって、80本はきつくて。こんなの終らないよって。少しでも遅れると、次の練習がどんどんあるから『早く戻れ、なんでそんな時間かかってんだ!』って怒鳴られて。『だって80本も打ってんすよ』とは言えないですけどね(笑)」

1 2 3

北嶋 秀朗

サッカー元日本代表 
1978年5月23日生まれ。千葉県習志野市出身。名門・市立船橋高(千葉)で1年時から頭角を現し、高校サッカー選手権を2度制覇。3年時の大会では6ゴールを奪い得点王に輝いた。卒業後は柏レイソルに加入し、プロ4年目の2000年シーズンにはJ1リーグ戦で30試合18ゴールをマーク。日本代表にも招集され、同年のアジアカップに出場した。柏には通算12年半在籍し、11年には悲願のJ1優勝。ロアッソ熊本に所属していた13年限りでスパイクを脱いだ。引退後は指導者の道へ進み、熊本、アルビレックス新潟、大宮アルディージャでコーチを歴任。23年からJFLクリアソン新宿のヘッドコーチに就任した。

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集