[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング世界戦で“場外乱闘” 新王者が観戦したライバルと口論&唾吐き騒動で物議

ボクシングのWBA世界フェザー級タイトル戦が18日(日本時間19日)に英国で行われ、挑戦者マウリシオ・ララ(メキシコ)が王者リー・ウッド(英国)に7回途中TKO勝ちで新王座に輝いた。しかし、試合後はよもやの“場外戦”が……。観戦に訪れていたライバル選手と言い合いになり、乱闘寸前の一触即発状態になった。海外メディアなどがその模様を紹介し、「酷すぎる」「最低な奴だ」と両者に対する驚きの声が上がった。

WBA世界フェザー級タイトル戦、新王者となった挑戦者のマウリシオ・ララ【写真:ロイター】
WBA世界フェザー級タイトル戦、新王者となった挑戦者のマウリシオ・ララ【写真:ロイター】

WBA世界フェザー級タイトル戦

 ボクシングのWBA世界フェザー級タイトル戦が18日(日本時間19日)に英国で行われ、挑戦者マウリシオ・ララ(メキシコ)が王者リー・ウッド(英国)に7回途中TKO勝ちで新王座に輝いた。しかし、試合後はよもやの“場外戦”が……。観戦に訪れていたライバル選手と言い合いになり、乱闘寸前の一触即発状態になった。海外メディアなどがその模様を紹介し、「酷すぎる」「最低な奴だ」と両者に対する驚きの声が上がった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 7回終了間際、劣勢だったララがカウンターで左をウッドの顔面にヒットさせ、豪快にダウンを奪った。ウッド陣営からタオルが投げ込まれ、TKO勝ちでタイトルを奪取。歓喜に酔いしれた試合後のリング上だった。ララがリングサイドにいた男と言い合いになった。その男はIBF世界フェザー級王者ジョシュ・ワーリントン(英国)。2021年2月にララと対戦してプロ初黒星を喫し、9月の再戦はワーリントンのバッティングでララが目の上をカット。ドロー決着となっていた。

 2人は激しく口論し、ワーリントンが今にもララに殴りかかろうとする勢いになり、関係者が仲裁したが、乱闘寸前の事態になった。原因は明らかにされていないものの、米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式ツイッターが紹介した実際の様子には「酷すぎる」「再戦希望。ララがワーリントンのキャリアを終わらせる」「ワーリントンが頭突きかまそうとしてる」「おい、どうなってるんだよ」「ワーリントンの実に悲しい姿。ベルトを失って、これが唯一の見せ場」とワーリントンに対する厳しい声が。

 一方でセンセーショナルな動画を投稿したのが、英興行大手「マッチルーム・ボクシング」公式ツイッター。ワーリントンが「ララが唾を吐いてきた!」と語ったコメントを紹介し、リング上からララがワーリントンに向かって唾を吐いたとみられる場面を投稿した。「ワーリントンはもう1回葬られたいんだな」「最低な奴だ」「ララが良からぬ行動を取っていたとしても、ワーリントンも悪しき敗者だ」と両者に対する批判の声が寄せられ、後味の悪さが残る興行となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集