[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「才能がない」と悟った北嶋秀朗の決断 超高校級FWに衝撃受けた市立船橋での分岐点

全国高校サッカー選手権で2度頂点に立ち、プロ入り後も公式戦通算367試合84得点をマークしてJ1リーグ優勝も経験。日本代表にも選出された北嶋秀朗(44歳)は、開幕30年を迎えたJリーグの歴史にその名を刻むストライカーの1人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。第2回では市立船橋高校での輝かしい活躍の裏で、“超高校級FW”と出会ってから己の弱さと向き合い、ストライカーとして成長した日々を振り返った。(取材・文=小宮 良之)

柏レイソル時代の北嶋秀朗氏。J1リーグで230試合59得点の記録を残した【写真:Getty Images】
柏レイソル時代の北嶋秀朗氏。J1リーグで230試合59得点の記録を残した【写真:Getty Images】

北嶋秀朗「指導者10年目の視点」第2回、誰よりも冷静に分析していた自身の実力

 全国高校サッカー選手権で2度頂点に立ち、プロ入り後も公式戦通算367試合84得点をマークしてJ1リーグ優勝も経験。日本代表にも選出された北嶋秀朗(44歳)は、開幕30年を迎えたJリーグの歴史にその名を刻むストライカーの1人だ。サッカーへの情熱を燃やしながら歩んできた道と、指導者としての今を描くインタビュー。第2回では市立船橋高校での輝かしい活躍の裏で、“超高校級FW”と出会ってから己の弱さと向き合い、ストライカーとして成長した日々を振り返った。(取材・文=小宮 良之)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

「自分には才能がない」

 北嶋秀朗は、そこに出発点を置くことができたからこそ、柏レイソル、清水エスパルス、ロアッソ熊本と通算17シーズンもの長い間、Jリーグでストライカーとしてやってこられたのかもしれない。

 市立船橋高校時代、第73回、第75回全国高校サッカー選手権で2度の優勝を経験。第73回大会は、得点王に輝いた森崎嘉之の背中を追うように台頭し、帝京を5-0で粉砕した決勝で1得点を記録した。第75回大会は、桐光学園の中村俊輔との決勝戦で自らも得点して2度目の戴冠。得点王にも輝き、通算16得点は当時最多だ。

 北嶋は満員に近い国立競技場で注目を浴び、スーパースターとして眩しいほどに輝いていた。

「名前だけが先行していましたよ」

 自身がそう振り返った高校時代に、透けて見える分岐点とは――。

 北嶋が現実的にプロサッカー選手を意識するようになったきっかけの一つは、中学2年生の時、千葉県選抜としてブラジル遠征に参加し、その大会の決勝でコリンチャンスと対戦した後だ。

「決勝を戦って2-1で負けたんですけど、コリンチャンスの選手がみんなどっと寄ってきて。『お前がMVPだ!』みたいな感じで、ワイワイしながら言ってくれたんですよ。MVPは優勝したほうから出るから、俺じゃなかったんですけど(笑)。ゴールしたのか、アシストしたのか、そこは覚えていないんですけど、“ブラジル人が認めてくれた”って。ポルトガル語は当時、分からなかったけど、みんなサムアップしてくれて、嬉しかったですね」

 同年、日本初のサッカープロリーグ、Jリーグが開幕していた。

 北嶋は、プロというはっきりしたビジョンをつかむことができたのだろう。砂川誠という1学年上の先輩もいた。追いかけるべき選手が、間近にいたのは幸運だった。

「憧れた人で、追っかけていましたね。千葉県選抜のブラジル遠征の話も砂川さんから聞いて。“面白い! 行ってみたい”って」

 そんな北嶋が、砂川の進学した市立船橋に進んだのも必然だった。当時は今よりも、選択がシンプルだったのだ。

1 2 3

北嶋 秀朗

サッカー元日本代表 
1978年5月23日生まれ。千葉県習志野市出身。名門・市立船橋高(千葉)で1年時から頭角を現し、高校サッカー選手権を2度制覇。3年時の大会では6ゴールを奪い得点王に輝いた。卒業後は柏レイソルに加入し、プロ4年目の2000年シーズンにはJ1リーグ戦で30試合18ゴールをマーク。日本代表にも招集され、同年のアジアカップに出場した。柏には通算12年半在籍し、11年には悲願のJ1優勝。ロアッソ熊本に所属していた13年限りでスパイクを脱いだ。引退後は指導者の道へ進み、熊本、アルビレックス新潟、大宮アルディージャでコーチを歴任。23年からJFLクリアソン新宿のヘッドコーチに就任した。

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集