[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ、35歳誕生日に決意 アルゼンチン戦へ「歴史をつくる」「年だからできないという言い訳しない」

ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会に出場中の日本代表は7日、8日のアルゼンチンとの1次リーグ最終戦に向けて決戦の地・ナントの郊外で練習を公開した。勝った方が決勝トーナメント(T)に進出する大一番。この日35歳の誕生日を迎えた先発のFLリーチ・マイケル、追加招集から今大会初めてリザーブ入りしたFB山中亮平が会見に応じた。

会見に応じたFLリーチ・マイケル(左)とFB山中亮平【写真:浜田洋平】
会見に応じたFLリーチ・マイケル(左)とFB山中亮平【写真:浜田洋平】

ラグビーW杯、リーチ「新しい歴史をつくる」

 ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会に出場中の日本代表は7日、8日のアルゼンチンとの1次リーグ最終戦に向けて決戦の地・ナントの郊外で練習を公開した。勝った方が決勝トーナメント(T)に進出する大一番。この日35歳の誕生日を迎えた先発のFLリーチ・マイケル、追加招集から今大会初めてリザーブ入りしたFB山中亮平が会見に応じた。

【注目】一度だけの人生、好きなだけスポーツを スポーツを楽しむすべての女性を応援するメディア「W-ANS ACADEMY(ワンス・アカデミー)」はこちら

 リーチは「日本ラグビーにとって凄く大事な一戦。海外でベスト8は新しい歴史。凄く楽しみです」と待ち遠しい様子。「過去の試合は確かに最後20分に点を取られている。イングランド戦からどうやって直すか考えて『侍タイム』をつくってきた」と大事な局面での声かけについて語り、決意を込めた。

「チームは試合ごとに成長している。最後のピースは明日埋まる。最後の20分の戦い方が大事。足が疲れたり、メンタルの部分でも影響があるけど、修正できれば日本代表を出せると思う。33歳くらいから体が劣化してきて、いろんなところが痛い。それを乗り越えて同級生の山中が隣りにいるのも凄く嬉しい。年だからできないという言い訳をしたくない。どんどんどんどん成長していきたい。

 今回一番よかったのは19年、15年を経験した選手がたくさんいることが強み。準備の仕方、プレッシャーへの対応。能力も高いし、エネルギーのある若い選手もいる。出てきた選手もタフな試合を経験している。自信があるのは試合ごとにスクラム、ラインアウトが成長している。そこでディフェンスができれば、日本代表のアタックがあるので自信がある。明日は新しい歴史をつくります」

 プールDはここまで3戦全勝のイングランドの1位通過が確定済み。アルゼンチンと日本は2勝1敗の勝ち点9で並び、得失点差でアルゼンチンが2位、日本が3位につけた。最終戦は勝った方が8強入りする。過去の直接対決1勝5敗の日本は1998年以来25年ぶりの勝利に加え、海外開催初&2大会連続の決勝T進出が期待される。

 イングランドとの第2戦で負傷したFBセミシ・マシレワが代表離脱。代表落選した山中が緊急招集された。サモアとの第3戦ではメンバー外だったが、大一番で名を連ねた35歳のベテラン。キックが武器の相手WTBエミリアノ・ボフェリへの対応など、多くの役割が期待される。

「凄く経験できないような2か月を過ごしてきた。メンバーに入って凄くワクワクしているし、自分の全てを出し切りたい。今は凄く楽しいし、早く試合がしたい。やるべきことを続けているだけ。この2か月ずっとそう。追加で呼ばれても自分のラグビーを続けている。今、凄くラグビーが楽しい。バーバリアンズから楽しい。こっちでもプレッシャーがなく、自然体でプレーできているのは自分によってもよかった」

 リードした展開で、最後にボールを蹴り出すのは自分の役目。「そのイメージはしっかりとできています。僕が出ている時はチームが勝っている状態で最後に締めるだけ。その準備はしてきた。後半のいつ出るわからないけど、自分の役割をやってチームを勝利に導きたい」。誕生日を迎えた同学年のリーチを横目に「チームとしては明日しっかり勝つということと、個人的に何かプレゼントでできれば。いつかになるかわからないけど、しっかりプレゼントしたい」と笑った。

 FW8人に変更はなし。前回のサモア戦を右ふくらはぎの負傷で急遽欠場したSH流大はメンバー外に。前戦に続いて齋藤直人が先発、代表初キャップを獲得した福田健太がリザーブ入りした。この日は現地時間午前10時45分頃から冒頭20分のみ練習を公開。地元のラグビー少年、少女と交流した後、全員でのウォーミングアップ、2チームに分かれてのパス、キックを用いたミニゲームで調整した。

 07年大会3位、15年大会4位だったアルゼンチン。昨年3月から率いるマイケル・チェイカ・ヘッド コーチは、15年大会でオーストラリア代表を準優勝に導いた。就任後は敵地でニュージーランド、イングランドなど強豪国を次々と撃破。重厚なFWを誇り、今大会はメンバーを大幅に入れ替えながら主力を温存。日本戦は主将HOフリアン・モントジャ、SOサンティアゴ・カレーラスらベストメンバーを登録した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集