[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サンウルブズ開幕戦白星 リーチは860km離れた横浜で歓喜「ロッカールームで喜んだ」

スーパーラグビー第1節は1日、サンウルブズ―レベルズ戦が福岡・レベルファイブスタジアムで行われ、今季限りでリーグからの除外が決まっているサンウルブズが36-27で下し、参入5年目で初となる開幕戦白星を挙げた。日本代表のリーチ・マイケル(東芝)は神奈川で行われたトップリーグの試合後に取材対応。サンウルブズの勝利を喜んだ。

TL第4節・三菱重工相模原戦に先発フル出場したリーチ・マイケル(東芝)【写真:宮内宏哉】
TL第4節・三菱重工相模原戦に先発フル出場したリーチ・マイケル(東芝)【写真:宮内宏哉】

レベルズに36-27で勝利、リーチ「日本のラグビーが盛り上がる」

 スーパーラグビー第1節は1日、サンウルブズ―レベルズ戦が福岡・レベルファイブスタジアムで行われ、今季限りでリーグからの除外が決まっているサンウルブズが36-27で下し、参入5年目で初となる開幕戦白星を挙げた。日本代表のリーチ・マイケル(東芝)は神奈川で行われたトップリーグの試合後に取材対応。サンウルブズの勝利を喜んだ。

 リーチは遠く離れた仲間の活躍に笑顔を見せた。除外が決まっているサンウルブズの奮闘。勝利の結果を知り「ロッカールームでそういう話になって喜んでいた。サンウルブズが勝って日本のラグビーが盛り上がる。勝ってよかった」と声を弾ませた。自身はトップリーグ(TL)第4節で三菱重工相模原に逆転勝ち。直線距離で約860キロ離れた神奈川・横浜市内のニッパツ三ツ沢球技場のロッカールームで吉報を受けていた。

 自分の試合は大苦戦した。開幕3連敗で最下位に沈む三菱重工相模原にリードを許す展開。NO8で先発したリーチは、動きがいいとはいえず「いいところはなかったです。ボールキャリーの回数も少ないし、タックルも外れることが多かった」と反省。それでも、4度同点に追いつく粘りを見せた末に45-26の逆転で開幕4連勝を飾った。

 後半ラストプレーでは、3トライ差以上に与えられるボーナスポイントを狙って猛攻。チームでトライを奪い切り、勝ち点5を加えた。2日に第4節を迎えるパナソニックを抜いて勝ち点18で暫定首位。リーチは「チームとしては凄く喜んでいます。毎試合、チャンスがあって、今日の勝利で勝ち点5を獲れてよかった」と安堵の表情だった。

 第5節は東芝が15日に熊谷ラグビー場でパナソニックと激突。稲垣啓太や堀江翔太などW杯で戦った日本代表戦士の多い強豪相手だが「全員がキーマン。相手がどうこうよりも自分たちにフォーカスを当てて、東芝らしいラグビーがしたい」と勝利を誓った。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集