[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪挑戦の福岡堅樹、来季まで15人制プレー継続を希望「TLは21年まで。その後勉強に…」

ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。この試合後、東京五輪を目指して7人制日本代表に合流する福岡堅樹は終了間際に“有終トライ”を披露。トップリーグ史上最多の観衆3万7050人を最後まで魅了した。

パナソニックの福岡堅樹【写真:小倉元司】
パナソニックの福岡堅樹【写真:小倉元司】

24日から7人制合流、今季TLラストマッチの会見で言及「15人制の代表はない」

 ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。この試合後、東京五輪を目指して7人制日本代表に合流する福岡堅樹は終了間際に“有終トライ”を披露。トップリーグ史上最多の観衆3万7050人を最後まで魅了した。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 最後まで“らしさ”を見せつけた。リードして迎えた後半37分、相手のパスの乱れに乗じてボールを奪った福岡が中央にトライ。試合を決定づけるトライで詰めかけた観衆3万7050人を沸かせた。試合も逆転勝ちで開幕2連勝。24日に始まる7人制日本代表に合流する福岡にとって、今季の15人制ラストマッチを最高の形で締めくくった。

 試合後、通常はヘッドコーチと主将が行う会見が福岡にも設定された。スーツ姿で登場し、ディーンズHCと握手。最後のトライについては「悲しさというよりはホッとした方が大きい。納得いかないところもあり、チームとして苦しいところもあって、流れを作ることができたのは大きい。嬉しい気持ちとホッとしたのが表情に出たのかなと」と振り返った。

 その上で改めて7人制ラグビーについて言及。「注目されているのは15人制。7人制はなかなか目にする機会が少なく、知名度はまだまだ。五輪で7人制がスポットを浴びれば。今の7人制は15人制より低いところにある。7人制の知名度が広まってくれれば」と幅広いラグビーの普及が狙いにあると明かした。

 ただ、継続的な15人制でのプレーに意欲も示した。復帰の可能性について問われると「現状でいえるのは15人制の代表に戻ることはない」とした上で「トップリーグに関しては2021年まではプレーできたらいいなと。そのあとに関しては優先順位は勉強。そちらにシフトしていけたらいいのかなと」と契約が残る来シーズンまでは選手を続ける希望を語った。

 すでにチームメートには一旦区切りをつけることを伝えたという。東京五輪に向けては「まず前提としてメンバーに入ること。そこまで大それたことはいえない。リオ五輪を経験した者としてメダルを獲るかどうか、その差は大きい。4位でも快挙だったが、周りの活躍に埋もれてしまって、悔しい思いをした。やるからにはメダルを目指したいし、努力を続けていきたい」と誓った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集