[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本に敗れたスペインに背筋凍る事実 3分間だけあった敗退危機「知ってたら心臓発作を…」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、グループリーグE組で日本がスペインに2-1で逆転勝ち。勝ち点6のグループ首位で決勝トーナメント(T)進出を決めた。スペインは勝ち点4の2位で決勝T進出を決めたものの、試合中に3分間、敗退の可能性もあった試合展開について、ルイス・エンリケ監督は「知らなかったよ。もし(それを)知っていたら心臓発作を起こしていたよ」とジョークを交えて語った。スペイン紙「マルカ」が報じている。

日本に敗退したスペイン代表【写真:ロイター】
日本に敗退したスペイン代表【写真:ロイター】

一時、1位日本、2位コスタリカ、3位スペイン、4位ドイツの展開に

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、グループリーグE組で日本がスペインに2-1で逆転勝ち。勝ち点6のグループ首位で決勝トーナメント(T)進出を決めた。スペインは勝ち点4の2位で決勝T進出を決めたものの、試合中に3分間、敗退の可能性もあった試合展開について、ルイス・エンリケ監督は「知らなかったよ。もし(それを)知っていたら心臓発作を起こしていたよ」とジョークを交えて語った。スペイン紙「マルカ」が報じている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 E組は最終戦を戦った日本―スペイン、ドイツ―コスタリカの4か国いずれも決勝T進出を残した状態。日本が後半6人に2-1と逆転した後、コスタリカが後半25分から3分間、ドイツを2-1とリードした時間帯があった。もし、このまま試合が終われば1位日本(勝ち点6)、2位コスタリカ(勝ち点6)、3位スペイン(勝ち点4)、4位ドイツ(勝ち点1)という状況だった。結果的にドイツが逆転し、スペインは敗れてもGL突破となったが、薄氷を踏む決勝T進出だった。

 試合後、そのことについて問われたエンリケ監督は「私たちが敗退していたって?」と驚いた様子。「知らなかったよ。もし知っていたら、心臓発作を起こしていたよ」とジョーク交じりに答えたという。「私は首位になりたかったし、勝ちたかったが、日本は我々の上を行った。良いスタートを切ってゴールを決め、危険な状態に苦しむこともなかった。ハーフタイムに日本には気をつけろと言ったが、後半が始まった途端に我々はやられてしまった」と日本に脱帽していた。

(THE ANSWER編集部)


国際女性ウィーク

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集