[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズが2020年初勝利 地区2位のナゲッツを撃破、試合前には八村塁も登場 

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は4日(日本時間5日)の本拠地ナゲッツ戦を鼠径部の打撲により10戦連続で欠場。試合前には負傷後初めてメディアに対応し、時折笑顔を見せながら質問に答えていた。ウィザーズは、現在西カンファレンス2位につけるナゲッツを相手にアップセットを演じ、128-114で勝利。2020年初勝利を挙げた。

昨日の試合で退場処分となったアイザイア・トーマス【写真:Getty Images】
昨日の試合で退場処分となったアイザイア・トーマス【写真:Getty Images】

10戦連続欠場の八村は試合前に負傷後初めてメディア対応

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は4日(日本時間5日)の本拠地ナゲッツ戦を鼠径部の打撲により10戦連続で欠場。試合前には負傷後初めてメディアに対応し、時折笑顔を見せながら質問に答えていた。ウィザーズは、現在西カンファレンス2位につけるナゲッツを相手にアップセットを演じ、128-114で勝利。2020年初勝利を挙げた。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 大黒柱のブラッドリー・ビールを2試合連続で欠いたウィザーズは、スタメンに最近好調を維持しているジョーダン・マクレイを起用。第1クォーター(Q)はウィザーズのディフェンスが機能。ナゲッツにタフショットを強い、フィールドゴールの成功率をわずか25.0%に抑える。ゴンザガ大で八村のチームメートだったジョナサン・ウィリアムズが2ブロックをマークするなど存在感を示した。

 この試合でベンチスタートとなったトロイ・ブラウンJr.の得点などで、第2Qに一時は16点のリードを得たウィザーズ。ナゲッツがファーストユニット主体のメンバーをコートに立たせた時間帯でも、ウィザーズはセカンドユニットユニット主体のメンバーで対抗。アイザック・ボンガが積極的なペネトレイションからアンドワンを奪うなど、会場を沸かせた。それでもジャマール・マレーらナゲッツオフェンスが地力を発揮。12連続得点などで点差を詰め、61-55とウィザーズの6点リードで試合を折り返す。

 第3Qに入って、アイザイア・トーマスのミスなどから逆転を許したウィザーズ。マレーにこのQだけで20点を許し、流れを掴まれかける。それでもイシュ・スミスが要所で得点にアシストに躍動。再びリードを奪って、5点差で最終Qに突入した。最終Qは一時逆転を許したものの、勝負所で底力を発揮。なんとか振り切って2020年初勝利を手にした。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集