[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ退場に? 開始88秒の悲劇に本拠地ファン疑問、敵選手も唖然「見たことない」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは3日(日本時間4日)、本拠地でトレイルブレイザーズに103-122で敗戦。負傷などで欠場の多いチーム状況の中、アイザイア・トーマスが試合開始から88秒で退場処分を受けた。両軍選手、ファンも驚く判定が波紋を呼んでいる。

開始88秒で退場処分となったアイザイア・トーマス【写真:AP】
開始88秒で退場処分となったアイザイア・トーマス【写真:AP】

アイザイア・トーマスが審判を押したとして開始88秒で退場処分

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは3日(日本時間4日)、本拠地でトレイルブレイザーズに103-122で敗戦。負傷などで欠場の多いチーム状況の中、アイザイア・トーマスが試合開始から88秒で退場処分を受けた。両軍選手、ファンも驚く判定が波紋を呼んでいる。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 開始早々、ウィザーズにアクシデントが起きた。第1クォーター(Q)88秒。トーマスがカーメロ・アンソニーとライン際でボールを奪い合う。どちらもボールを手放さない。すると、態勢を崩したトーマスが目の前にいた審判の胸を腕で押すような形になった。押された審判は最前列の観客の膝に座りかける。すぐに立ち上がったが、笛をくわえていた審判は人差し指を立てたまま、思い切り右手を振り回した。なんと退場をコールしたのだ。

 唖然とした顔で審判を見つめるトーマス。周囲の観客の目も点になった。ジャンプボールをアピールしていたトレイルブレイザーズのデイミアン・リラードも、何が起きたか分からないような表情。会場は騒然となり、トーマスらウィザーズの選手たちが抗議する中、審判は一連のプレーをレビュー。判定は覆らずトーマスは試合開始から90秒もプレーせず、コートを後にした。

 試合後の会見。質問を受けたウィザーズのスコット・ブルックスHCは、自分の立っていた位置から見えた状況を説明した上で「彼(審判)はより見やすい位置にいた」と判断に一定の理解を示した。

 続けて「(審判は)リプレーを見ていたから正しいコールをしたと思いたい。わからないけれどね。不運だった。我々は選手の人数が必要な状況にあったからね。タフだったよ」と多くのけが人を抱える中で、この退場が試合に大きな影響を及ぼしたことを示唆した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集