[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁ら怪我人続くウィザーズで異彩 指揮官も認める“守備職人”ペイトンとは何者か

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は28日(日本時間29日)の本拠地ニックス戦で、鼠径部の打撲により6戦連続欠場。チームは敵地の前回対戦で121-115の勝利を収めた相手に、26日(同27日)のピストンズ戦からスタメンを4人入れ替えて挑んだが、100-107で敗れた。敗戦に終わったものの、この日スタメンに名を連ねたゲイリー・ペイトン2世は6スティールを記録するなど、攻守両面で活躍。指揮官もそのパフォーマンスを手放しで称賛した。

ゲイリー・ペイトン2世(右)【写真:AP】
ゲイリー・ペイトン2世(右)【写真:AP】

加入から3試合中2試合で6スティールを記録した”苦労人”ペイトン

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は28日(日本時間29日)の本拠地ニックス戦で、鼠径部の打撲により6戦連続欠場。チームは敵地の前回対戦で121-115の勝利を収めた相手に、26日(同27日)のピストンズ戦からスタメンを4人入れ替えて挑んだが、100-107で敗れた。敗戦に終わったものの、この日スタメンに名を連ねたゲイリー・ペイトン2世は6スティールを記録するなど、攻守両面で活躍。指揮官もそのパフォーマンスを手放しで称賛した。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 NBAとGリーグを行き来していた“苦労人”が一躍、ウィザーズを牽引する存在になった。チームの大黒柱であるブラッドリー・ビールが負傷により欠場した一戦。代わって、スタメンでSGに入ったペイトンが躍動した。30分間の出場で15得点、6リバウンド、2アシストを記録。さらに、23日のニックス戦に続き、6スティールをマークした。

 現在1試合平均失点数でリーグワーストのチームにあって、今季3試合の出場で1試合平均4.3スティール、7.3リバウンド、7.7ディフレクションとディフェンス面で異彩を放つペイトン。活躍に関して、ウィザーズのスコット・ブルックスHCは「何が彼をあれほどいい選手にしているか。その答えはシンプルだ」と話し、持論を展開した。

「彼が何度かカットされているからだ。カットされればハングリーになり、必死になる。養わなければいけない家族もいる。若い選手は長い間リーグでプレーできると思うかもしれないが、それは違う」

 ブルックスHCは自身が長い間、NBAでプレーした経験があることにも触れながら、リーグで継続してプレーすることは決して簡単なことではないと強調。時には「カットされるべきではない選手もカットされる」と続けた一方で、27歳のペイトンに関してはウィザーズで居場所を見つけられる可能性があることを示唆した。

「その努力、プレー強度、ハングリー精神、強い意志、そして全てのポゼッションで戦うその闘志によって、ここ(ウィザーズ)でチャンスを得られるだろう。それこそ私たちが築き上げたいものだからね」と精神面を評価した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集