[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁ら怪我人続くウィザーズで異彩 指揮官も認める“守備職人”ペイトンとは何者か

ペイトンもHCに同調「ここに来てからずっとハングリー精神をもってプレーしている」

 ペイトンの父親、ゲイリー・ペイトンはシアトル・スーパーソニックスで90年代に一時代を築いた名手。その卓越したディフェンス能力で1996年には最優秀守備選手賞を受賞。キャリアを通じて9度のNBAオールディフェンシブ・ファーストチームに選ばれるなど、輝かしいキャリアを過ごした。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 その一方で、ペイトンは大学時代にパック12カンファレンスの最優秀守備選手に2度選出されるなど、父親同様に“守備職人”として名を上げたが、2016年にバックスでNBAデビューするも、その後はレイカーズやウィザーズを渡り歩く。1チームに1シーズン以上留まらず、GリーグとNBAを行き来するキャリアを過ごしてきた苦労人だ。

 まだウィザーズに合流して1週間もたたない中で、結果を残すペイトン自身もブルックスHCのコメントには同調。「ここに来てからずっとハングリー精神をもってプレーしている」と話し、今回のチャンスを逃さないことを誓った。

「Gリーグを行き来しながらどこか留まる場所を探そうと努力しているよ。ここ(ウィザーズ)の選手たちは自分がやることに感謝してくれていると思うし、それを評価してくれてもいると思う。だから、毎日彼らのために戦うんだ。この機会を活かしたい」

 八村含め、怪我人が絶えないウィザーズでインパクトを残し続けるペイトン。このパフォーマンスを続ければ、ウィザーズもしくは他のチームとの複数年契約も夢ではないはずだ。ディフェンスが崩壊中のチームにとって願ってやまなかった“守備職人”の加入で、ウィザーズは上昇気流に乗れるだろうか。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集