[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“センター八村塁”を指揮官が評価 窮地のチームで求めるのは「想定外の想定」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が3日(日本時間4日)の本拠地マジック戦に開幕19試合連続でスタメン出場。この日は自身初のセンターで先発し、15得点、6リバウンドとともに自己最多となる4アシストをマーク。チームは120-127で前回対戦で121-125で敗れた同地区の相手にまたも手痛い敗戦。3連敗となった。

自身初のセンターで先発した八村塁(左)【写真:Getty Images】
自身初のセンターで先発した八村塁(左)【写真:Getty Images】

故障者続出でポジション変更も自己最多4アシスト記録

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が3日(日本時間4日)の本拠地マジック戦に開幕19試合連続でスタメン出場。この日は自身初のセンターで先発し、15得点、6リバウンドとともに自己最多となる4アシストをマーク。チームは120-127で前回対戦で121-125で敗れた同地区の相手にまたも手痛い敗戦。3連敗となった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 チームのセンター3選手がそろって欠場する苦しい台所事情の中、センターを任された八村。序盤こそ波に乗れなかったものの、終わってみれば3試合連続となる15得点超え。体格で劣る苦しいマッチアップながら6リバウンドを獲得し、冷静な判断で味方選手を活かすプレーで自己最多となる4アシストを記録した。

 怪我人続出により、この日すでにウィザーズ傘下のキャピタルシティGo-Goの一員として試合に出場した、アドミラル・スコフィールドとジャスティン・ロビンソンのルーキー2人を招集したウィザーズ。普段スモールフォワードを務めることの多いトロイ・ブラウンJr.もセンターでプレーするなど、難しい采配を強いられたスコット・ブルックスHCは、試合後の会見で八村のプレーについて聞かれ「ファイティングスピリットを持っている」と闘争心を評価した。

「彼は闘い続けた。センターとしてはサイズで劣っても闘い続けるだろう。そして木曜日も、ワグナーが復帰しない限り、エンビードが相手なのでサイズでは劣るだろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集