[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「フェザー級で戦える」 米リング誌記者、アジア3人目の5階級制覇を予想

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突する。「THE ANSWER」は、ボクシング界で最も権威ある米専門誌「リング」で編集担当のトム・グレイ氏に直撃。今後の動向にも注目が集まる井上について、決勝の取材で初来日した同氏は「フェザー級で戦える」と期待している。

7日、井上尚弥(左)とノニト・ドネア(右)が激突する【写真:荒川祐史】
7日、井上尚弥(左)とノニト・ドネア(右)が激突する【写真:荒川祐史】

米リング誌編集担当のトム・グレイ氏に聞く「彼ほど強いパンチャーはいない」

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突する。「THE ANSWER」は、ボクシング界で最も権威ある米専門誌「リング」で編集担当のトム・グレイ氏に直撃。今後の動向にも注目が集まる井上について、決勝の取材で初来日した同氏は「フェザー級で戦える」と期待している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 プロ18勝16KOでライトフライ級(48.9キロ以下)、スーパーフライ級(52.1キロ以下)、バンタム級(53.5キロ以下)の3階級を制覇した日本のモンスター。スーパーフライ級では、強すぎるあまり対戦を断られてきた過去がある。猛者の集うバンタム級でもドネア戦で4試合目となり、残った強者も数が減りつつある。

 体重差が試合に大きく反映されるボクシング。無理な減量を行い、少しでも下の階級で戦う選手が多い中、井上は「適正階級で戦うことが大事。バンタム級で(減量が)きつくなってきたら上げる」と常々口にしてきた。バンタム級での直近3戦は、爆発的パワーで強敵たちを撃破。それでも、加齢とともにいつかは階級を上げる時が来るだろう。いつスーパーバンタム級(55.3キロ以下)に上げるのか。最強王者の動向に世界が注目している。

 記者歴20年のうち、7年間を「ボクシングの聖書」と呼ばれるリング誌で過ごし、名物コラムニストとしても有名なグレイ氏。井上が今後、何階級で戦えるかについて「3階級だと思う」と、バンタム級を含めて2階級上のフェザー級(57.1キロ)まで問題ないと予想した。

「去年、彼と話をしたよ。彼自身はジュニアフェザー級(スーパーバンタム級)かなと思っているようだね。彼は体のコンディションによって変えられると言っていた。私は、一番上ではフェザー級で戦えると思う。だが、最後に話した時には122ポンド(55.34キロ)、つまりはジュニアフェザー級と言っていたね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集