[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「フェザー級で戦える」 米リング誌記者、アジア3人目の5階級制覇を予想

アジア人の5階級制覇はパッキャオとドネアだけ、井上は“階級の壁”を超えられるか

 階級を1つ上げるだけで、パンチ力や耐久力に大きな差が表れる。ここまで無類のハードパンチャーぶりを見せつけてきた井上だが、以前には「スーパーフェザー級だと普通の選手になる。埋もれると思います」と語っていた。「〇階級制覇」の肩書よりも、どれだけ強い選手を倒したかが評価されるのがトレンド。それでも、幾多の名選手が痛感した“階級の壁”を乗り越えることは、ボクシングという競技で大きなことである。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 アジア人では、マニー・パッキャオ(フィリピン)がオスカー・デラホーヤ(米国)と並ぶ世界最多の6階級制覇。この2人を除くと、5階級を制したのはドネアのほかに50戦全勝のフロイド・メイウェザー(米国)ら5人しかいない。日本男子では、井岡一翔(Reason大貴)が6月にWBO世界スーパーフライ級王座を獲得し、日本人初の4階級制覇を達成。パッキャオ、ドネア、ドニー・ニエテス(フィリピン)に次ぐアジア人4人目の快挙だった。

 バンタム級に上げて強敵が増えたように、今後も階級を上げれば戦うべき相手が現れる。「彼のボクシングにおける能力は過小評価されていると言っていい。彼ほど強いパンチャーはいない。パウンド・フォー・パウンド(体重差がないと仮定した強さの格付け)で見て、今日における一番強いパンチャーだ」。グレイ氏が期待するように、井上がフェザー級まで制覇すれば5階級となる。まずはドネア戦だが、夢は広がるばかりだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集