[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「最高の気持ち」 ドネアも計量一発クリア、20秒フェイスオフで闘志

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。軽量級の“新旧スター対決”の準備が整った。会場には約200人の報道陣、関係者らでごった返す注目ぶりだ。

フェイスオフで闘志を燃やす井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
フェイスオフで闘志を燃やす井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

井上尚弥はバンタム級4戦目、ドネアはフェザー級から落として3戦目

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。軽量級の“新旧スター対決”の準備が整った。会場には約200人の報道陣、関係者らでごった返す注目ぶりだ。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 井上は昨年5月のジェイミー・マクドネル(英国)戦からバンタム級4戦目。スーパーフライ級から1つ上げて適正階級となり、モンスターのフルパワーを見せつけてきた。5日の公式会見では「世代交代。それを確実に成し遂げたい」と宣言していた。

 フライ級からフェザー級まで5階級を制したドネアは、昨年4月までフェザー級だった。WBSS参戦で7年ぶりに2階級下のバンタム級に落とし、初戦、準決勝とも問題なく計量クリア。百戦錬磨の36歳もプロとして当然のように“第一関門”を終えた。バンタム級頂上決戦の舞台が整い、会場は拍手に包まれた。

 その後は20秒に渡るフェイスオフで闘志を燃やした。檀上でマイクを握った井上は「計量もお互い無事に済んで、お互いに最高の試合をするだけ。最高の気持ちです」と意気込んだ。

 さらに、海外ブックメーカーのオッズなど優位が予想されることについては「トーナメントが始まって毎試合、そういうオッズが出ているけど、自分ではそれほど差はないと思っている。ボクシングはいつどこで何があるかわからないスポーツ。オッズは頭から外して試合に臨む」と平然と語った。

「勝てば、これまでで最も満足度の高い試合になるのでは?」と問われると「もちろん、すごく満足する試合になる。今後の大きな試合に向けての第一歩になると思う。しっかり勝ちたいと思います」と改めて勝利を宣言した。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集