[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「最も世界を震撼させたボクサー」 WBSS主催者早くも大興奮、KO決着を予告

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の公式会見が5日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝では、WBA・IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突。大会プロモーターのカレ・ザワーランド氏も出席し、頂上決戦への期待を込めた。

カレ・ザワーランド氏(中央)も頂上決戦を目前に控え興奮した口ぶりだった【写真:荒川祐史】
カレ・ザワーランド氏(中央)も頂上決戦を目前に控え興奮した口ぶりだった【写真:荒川祐史】

WBSSプロモーターのザワーランド氏が会見出席

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の公式会見が5日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝では、WBA・IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突。大会プロモーターのカレ・ザワーランド氏も出席し、頂上決戦への期待を込めた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 いよいよバンタム級の“世界一”が決まる。8人の出場者のうち、3団体4人の現役王者が参戦したWBSSバンタム級。開幕から1年が過ぎ、軽量級の花形階級でNO.1が決まろうとしている。チケットは前売りで完売。空前の注目度を集める中で、ザワーランド氏は、モンスターVSフィリピンの閃光の頂上決戦を前に早くもヒートアップした。

 今大会の中心に立っているのは、井上だった。昨年10月の初戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に70秒KO勝ち。5月の準決勝でも、無敗のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOでリングに沈めた。ザワーランド氏は「ここ2年で階級に限らず、最も世界を震撼させたボクサー」と絶賛。さらには「ロマチェンコ、カネロ(アルバレス)に並ぶ、パウンド・フォー・パウンド(PFP)だと思っている。驚異的な力を持っている」と最大級の賛辞を並べた。

 一方、本場・米国で数々のビッグマッチを制してきたドネア。昨年11月の初戦でライアン・バーネット(英国)を下し、WBAスーパー王座を奪取すると、4月の準決勝でもステファン・ヤング(米国)を左フックでなぎ倒した。一撃必殺の左フックは36歳になっても健在。ザワーランド氏は「ベストの階級に落として自分の強さをいかんなく発揮してくれた」と評価を口にした。

 そして「素晴らしいパンチャー同士。どのような試合になるか想像にたやすい」とKO決着を予告し、締めくくった。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集