[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が米国でスターになるには 米ヤフー特集「破壊マシーン以外の何物でもない」

11月7日に行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。注目の頂上決戦は米国でスポーツチャンネル「DAZN」で中継されることが決まっているが、米メディアは「定期的にテレビ放送されれば、イノウエは米国でも巨大なスターになる」と分析している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

WBSS決勝は米DAZNで中継、「定期的にテレビ放送されれば巨大なスターに」

 11月7日に行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。注目の頂上決戦は米国でスポーツチャンネル「DAZN」で中継されることが決まっているが、米メディアは「定期的にテレビ放送されれば、イノウエは米国でも巨大なスターになる」と分析している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「マッチメークのフラストレーションに関わらず、なぜボクシングは黄金時代を迎えているのか」というタイトルで、特集したのは米ヤフー・スポーツだった。

 記事では現在のボクシング界にひしめくタレントについて、「ここ20年間で最高」と分析。ウェルター級王者、テレンス・クロフォード(米国)を筆頭に、ボクシングの世界ライト級タイトルマッチで3団体統一を達成したパウンド・フォー・パウンド(PFP)王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に次ぎ、クルーザー級王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)とともに井上が3位タイで登場する。

「オレクサンドル・ウシクは無敗でクルーザー級統一王者だ。16勝無敗で12KO。自分はPFP1位だと主張することもできる。ザ・モンスターこと、バンタム級王者のナオヤ・イノウエもそうだ。破壊マシーン以外の何物でもない。18戦全勝16KOで、PFP最強パンチャーたりえる」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集